中学地理「世界の住居・衣服と食文化の変化」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「世界の住居・衣服と食文化の変化」についてまとめています。世界の住居・衣服と食文化の変化に関して、世界のさまざまな住居・衣服の変化や食器や作法にもふれています。それでは、中学地理「世界の住居・衣服と食文化の変化」です。

世界の住居・衣服とその変化

さまざまな住居と変化ですが、気候や生活習慣にあった材料が使われ、形も多様です。

  • 木が豊富にある地域…木造の住居が多いです。アメリカ合衆国などでは、丸太や角材などできた家が見られます。
  • 日ざしの強い地域…厚い石で壁を作り、窓を小さくしてな暑さを防ぎます。イタリアなどでは石の外壁を白く塗った家が見られます。
  • 雨が少なく、乾燥した地域…土を固めて作った家です。
  • 家畜の群れを追って生活する人々…移動に便利な組み立て式の家です。モンゴルなど見られゲル(中国語ではパオ)です。
  • 住居の変化…世界的に都市部を中心にコンクリート製の家も増えてきています。
スポンサーリンク

さまざまな衣服と変化

衣服には、暑さ・寒さや日ざしから守る役割があります。気候に応じて、さまざまな形や素材の衣服が見られます。

  • 暑い地域…風通しの良い木綿や麻の布などをゆったりまとう。
  • 寒い地域…保湿性の良い動物の毛皮でできた衣服や手袋などを着用する。

衣服の変化

世界的にTシャツやジーンズが普段着として普及し、伝統的な衣装は、祭りや結婚式など特別な時のものに着る傾向が見られます。

世界の食文化と変化

世界各地で異なる食文化

主食(中心となる食べ物)は、その地域で作られている農作物と関わりが深いです。

  • 米…日本・中国南部・東南アジアなど雨が多い地域が中心。炊いたり、おかゆにしたりするほか、粉を麺(ベトナムのフォーなど)にすることもあります。
  • 小麦…米に比べて、雨が少ない地域で栽培しています。粉して、めん(イタリアのパスタなど)やパン(インドのチャパティなど)に。
  • トウモロコシ…メキシコのトルティーヤは、粉にして練り、薄く伸ばして焼いたものです。また、米や小麦の栽培に向かないアフリカでは、湯でこねて、蒸し焼きにします。
  • いも類…ヤムいもなどは、南太平洋の熱帯の島々で、ジャガイモなどは南アフリカで食べられています。

食器や作法

はし、フォーク、皿などの食器や食事の作法にも地域によって様々な違いがあります。

食文化の変化

世界各地の交流がさかんになるにつれて、他の地域の食文化も広まるようになりました。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする