中学地理「世界の地域区分と統計資料」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「世界の地域区分と統計資料」についてまとめています。世界の地域区分と統計資料に関して、世界の国々ついて、国旗、国名などにもふれています。それでは、中学地理「世界の地域区分と統計資料」です。

世界の地域区分

地球を眺めると、六つの大陸と三つの大洋があることがわかります。地球の陸地には六つの大陸と多くの島々があります。また、海洋には、三つの大洋とそのほかの海があります。陸地と海洋の面積の割合はおよそ3対7です。

スポンサーリンク

六つの大陸

最も広い大陸は、ユーラシア大陸で、三つの太平洋すべてに面します。ほかに、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、南極大陸、オーストラリア大陸があります。

三つの大洋

最も広い海洋は、太平洋で、アフリカ以外の全ての大陸に囲まれています。他に大西洋、インド洋。

世界の地域区分は、島々を含めて世界を地域分けする場合、六つの州に分けることができます。

六つの州

大陸が最も広いユーラシア大陸はウラル山脈を境に、アジア州とヨーロッパ州に分けられます。他に、アフリカ州、北アメリカ州、南アメリカ州、オセアニア州があり、アジア州とアフリカ州の境は、スエズ運河。北アメリカ州と南アメリカ州の境は、パナマ運河となります。

さらに小さな地域分け

アジア州は、東アジア、東南アジア、南アジア、西アジア、中央アジアに分けられます。日本は、アジア州の東アジアに属しています。

世界の主な国々

世界の国々は、世界に190余りの国があります。

いろいろな国境

各国の国旗に使われている色や形などのデザインには色々意味があります。

<例>

  • キリバス(オセアニア州)…海と太陽がデザインされている。
  • ネパール(アジア州)…山々の形をかたどっている。
  • カンボジア(アジア州)…都の遺跡であるアンコールワットがえがかれている。

色々な国名

  • 自然がつけられた国名…アイスランド(ヨーロッパ州)は、氷の国という意味。
  • 地域からつけられた国名…ケニア(アフリカ州)は、ケニア山という山の名に由来。
  • 人名からつけられた国名…コロンビア(南アメリカ州)は、探検からコロンブスの名に由来。
  • 特色からつけられた国名…エクアドル(南アメリカ州)は、国道を通る「赤道」という意味。

いろいろな国境

  • 地形に沿った国境…国境には、山脈、川、湖など自然の地家に沿って決められたものが多い。
  • 人間が考えた基準に沿った国境…目印になるのが少ない場合では、緯線や経線などに沿って国境を決めることもあります。
  • 日本のように海に囲まれた海の上にある国を島国といいます。また、海に面しておらず、陸上の国境に囲まれている国を内陸国といいます。

統計資料で見る色々な国

日本の面積は約38万キロ平方メートル、人口約12500万人。

面積の大きな国

最も大きいのは、ロシアで、日本の約45倍。以下、カナダ、中国、アメリカ合衆国、ブラジルの順で大きい。

面積の小さい国

最も小さいのは、バチカン市国でイタリアのローマ市の中にあります。面積は、東京ドーム約10個分程度。そのほか、北海道の半分程度であるオランダやスイス、佐渡島(新潟)より小さいシンガポールなど日本より狭い国が多いです。

人口の多い国

最も多いのは中国で約14億人。以下、インド(約12億人)、アメリカ合衆国(約3億人)、インドネシア(約2億人)、ブラジル(約2億人)の順です。

スポンサーリンク

シェアする