中学英語「分詞(現在分詞と過去分詞)」

シェアする

スポンサーリンク

中学英語「分詞(現在分詞と過去分詞)」についてまとめています。

現在分詞

名詞を修飾するのが現在分詞で、現在分詞(~ing 形)は、「~している」「~する」の意味で名詞を修飾します。

スポンサーリンク

現在分詞が1語

現在分詞が1語だけのときは、修飾する名詞の前に置きます。

  • Look at that sleeping baby. (あの眠っている赤ちゃんを見てごらん。)

現在分詞+ほかの語

現在分詞がほかの語(句)を伴うときは、修飾する名詞のあとに置きます。

  • The boy playing Soccer is Ken. (サッカーをしている少年は健です。)

補語として働く現在分詞

現在分詞は補語としても用いられます。

  • The dog came running.(その犬は走ってやって来た。) (SVC)
  • I saw a girl standing by the gate. (私は少女が門のそばに立っているのを見た。) (SVOC)
  • I heard my mother singing in the kitchen.(私は母が台所で歌っているのを聞いた。) (SVOC)

go 〜ing(~しに行く)の表現

  • go shopping(買い物に行く)
  • go fishing(つりに行く)
  • go swimming(泳ぎに行く)
  • go skiing(スキーに行く)

現在分詞の基本文

  • Look at that sleeping baby. あの眠っている赤ちゃんを見なさい。
  • The boy playing soccer is Ken. サッカーをしている少年はケンです。
  • The dog came running. その犬は走ってやって来ました。

過去分詞

名詞を修飾するのが、過去分詞で、過去分詞は、「~された」「~されている」の意味で名詞を修飾します。

過去分詞が1語

現在分詞と同じように、過去分詞が1語だけのときは、修飾する名詞の前に置きます。

  • That is a broken radio.(あれは壊れたラジオです。)

過去分詞+ほかの語

過去分詞がほかの語(句)を伴うときは、修飾する名詞のあとに置きます。

  • He has a car made in Germany. (彼はドイツ製の車を持っています。)

補語として働く過去分詞

過去分詞は補語としても用いられます。

  • Her name became known to the world. (SVC) (彼女の名前は世界中に知れわたりました。)
  • They kept the door closed all the time. (SVOC) (彼らはそのドアをずっと閉めたままにしておいた。)
  • I heard my name called. (SVOC) (私は自分の名前が呼ばれるのを聞いた。)

過去分詞の基本文

  • That is a broken radio. あれは壊れたラジオです。
  • He has a car made in Germany. 彼はドイツ製の車を持っています。
  • Her name became known to the world. 彼女の名前は世界中に知れわたりました。

目的語のあとの現在分詞・過去分詞

目的語のあとの現在分詞・過去分詞を補語にとる知覚動詞には, see(見る), hear(聞く), feel(感じる)などがあります。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする