高校入試対策・国語「短歌鑑賞のポイント・解き方」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策国語の「短歌鑑賞のポイント・解き方」です。短歌は、古くからうたい続けられてきた三十一音節の定型詩です。表現の形式や技法を理解して、情景や心情を鑑賞し解いていくことがポイントです。それでは、高校入試対策・国語「短歌鑑賞のポイント・解き方」です。

短歌の表現形式

基本的な形は、五・七・五・七・七の五句三十一音です。これを、定型といいます。

  • 破調…五・七・五・七・七の定型を破り、過不足あるものです。字余り、字足らず。
スポンサーリンク

区切れ

意味や調子の上での切れ目。句点(。)の打てるところです。

  • 初句切れ 五/七・五・七・七
  • 二句切れ 五・七/五・七・七
  • 三区切れ 五・七・五/七・七
  • 四区切れ 五・七・五・七/七
  • 区切れなし 五・七・五・七・七

短歌のリズム

  • 五七調 ニ・四区切れの短歌。力強く重々しい印象。「万葉集」に多い。
  • 七五調 初・三区の短歌。優しく軽快な印象。「古今和歌集」「新古今和歌集」に多い。

短歌のおもな表現技法

  • 倒置法…語順に逆にして意味を強める。
  • 反復法…同じ語句を繰り返し感動を強める。
  • 体言止め…結句を体言(名詞・代名詞)で止めて余情を出す。
  • 枕詞…特定の語の前について調子を整えている。ふつう五音からなる。
  • 掛詞…1つの共通の音で2つの意味を表す。

短歌の解き方

情景をとらえる

季節・場所・時刻・作者の位置や境遇などを、表現に即しながら正しく読み取り、想像力を働かせて情景をとらえていきます。

心情をとらえる

心情を表した語句や倒置法・体言止めなど、強調する表現技法が用いられている部分に注意して、作者の心情をとらえていきます。

短歌は、古語で書かれものも多く、助詞や助動詞の意味を正しく理解していくことも大事です。感動を表す助詞、助動詞(かな・けり・かも・ぞ・よ・こそ)などに注意。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする