中学歴史「戦後の日本の民主化と55年体制」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「戦後の日本の民主化と55年体制」についてまとめています。戦後の日本の民主化と55年体制に関して、日本国憲法、冷戦などにもふれています。それでは、中学歴史「戦後の日本の民主化と55年体制」です。

占領下の日本

スポンサーリンク

敗戦後の日本

占領地から軍隊を撤退。日本は、植民地を全てを失いました。沖縄・奄美半島・小笠原諸島は、アメリカ軍が直接統しました。北方領土は、ソ連が占拠します。シベリア抑留や中国残留日本人孤児の問題が発生します。

国民の苦難

  • 鉱工業の生産は、日中戦争前の3分の1以下に落ち込みました。
  • 物価が急上昇。復員で人口が増加し、失業者があふれます
  • 食料不足が深刻になり、農村への買い出しや闇市へ。

占領の始まりと非軍地化

連合国最高司令官総司令部(GHQ)の指令に従って、日本政府が政策を実施する、間接統治によって戦後改革を行う。GHQの最高司令官は、マッカーサーでした。

  • 占領政策の基本方針…日本を徹底的に非軍事化。戦争犯罪人(戦犯)の極東国際軍事裁判(東京裁判)。昭和天皇は人間宣言を発表した。

民主化と日本国憲法

民主化

  • 選挙権…満20歳以上男女に与えられました。
  • 財閥解体…日本経済を支配してきた三井・住友・三菱などが解体される。
  • 労働関係…労働者の団結権を認める労働組合法、労働条件の最低条件を定める労働基準法などが制定されました。
  • 農地改革…政府が地主から小作地を強制的に買い上げ小作人を安く売り渡しました。

日本国憲法の制定

日本国憲法は、1946年11月3日に公布、1947年5月3日に施行。

  • 三つの基本原則…国民主権、基本的人権の尊重、平和主義
  • 天皇…国と国民統合の象徴となり、統治権を失う。
  • 国会…国会が国権の最高機関となり、議院内閣制が導入される。
  • 法律…地方自治法、教育基本法制定。民法が改正され、新たな家族制度が定められる。

日本社会党と日本自由党の結成。部落解放運動など社会運動の復活。

冷戦の開始と植民地の解放

国際連合と冷戦の始まり

  • 国際連合(国連)…世界の平和と安全を維持する機関として安全保障理事会を設置。アメリカ・イギリス・フランス・ソ連・中国が常任理事国となりました。
  • 東西の対立…アメリカが中心の資本主義と西側陣営とソ連が率いる共産主義の東側陣営が対立。
  • ドイツ…西ドイツと東ドイツに分かれて独立。そこへ、ベルリンの壁を作られました。
  • 軍事同盟…西側陣営には、北大西洋条約(NATO)、東側陣営にはワルシャワ条約機構を設立。冷たい戦争(冷戦)が始まり、米ソ両国は核兵器を含む軍備の拡張を行いました、世界は核戦争の脅威にさらされる状況となりました。

新しい中国の成立と朝鮮戦争

  • 中国…蒋介石が率いる国民党と毛沢東が率いる共産党の内戦が再発。共産党が勝利し、もう毛沢東を主席とする中華人民共和国が成立。国民党は台湾に逃れました。
  • 朝鮮…北緯38度線に境に、北に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が南に大韓民国(韓国)が成立。北朝鮮が韓国に侵攻し朝鮮戦争が始まりました。アメリカ中心の国連軍が韓国に、中国の義勇軍が北朝鮮を支援して戦争が長期化しました。1953年に休戦。

植民地支配の終わり

  • 植民地の解放…独立運動の結果、多くの植民地が独立を果たします。
  • アジア…インドネシア、フィリピン、インドなどが独立。
  • アフリカ…1960年に17国が独立を果たし、「アフリカの年」と呼ばれる。
  • 南北問題…南半球に多い紛争や飢餓の国と北半球に多い先進工業国との経済格差。

独立の回復と55年体制

占領政策の転換

  • 占領政策の転換…非軍事化、民主化からの経済復興重視の政策へ。
  • 特需景気…朝鮮戦争が始まると大量の軍需物資が日本で調達され、日本経済の好景気に経済復興が早まる。
  • 朝鮮戦争の際にGHQの指令で警察予備隊が作られました。1954年には、自衛隊となりました。

サンフランシスコ平和条約

アメリカは、日本を西側陣営の一員にするため、講和を急ぎました。日本の全権であった吉田茂が48カ国と講和条約を結ぶ。東側陣営と侵略したアジアの国々とは講和が実現しませんでした。

日米安全保障条約

日本の安全と東アジアの平和を守る条約。アメリカ軍基地が日本国内に残りました。沖縄・小笠原諸島は、独立回復後もアメリカの統治のもとに置かれました。

自民党長期政権と安保条約改定

  • 原水爆禁止運動…アメリカの水爆原爆事件で第五福竜丸が被爆した事件をきっかけにおこります。
  • 自由民主党(自民党)の結成…保守勢力が革新勢力の向きに危機感を抱いて結成。
  • 55年体制…自民党が野党第一党の社会党と対立しながら38年間政権を取り続けました。
  • 安保闘争…軍事関係を強化して新しい安保条約を結ぶ。市民が激しい反対運動を起こす。
スポンサーリンク

シェアする