中学歴史「荘園の歴史(流れ)」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「荘園の歴史(流れ)」についてまとめています。初期の荘園は、有力な貴族や寺社が広げた私有地でした。その荘園の歴史をたどっていきます。それでは、中学歴史「荘園の歴史(流れ)」です。

初期荘園の成立

墾田永年私財法(743年)によって、新しく開墾した土地の永久私有が認められるようになったので、有力な貴族や寺社は国司や郡司の協力を得て、付近の逃亡農民などを 使って大規模な開発を行い、私有地を広げていきました。こうして成立した私有地は初期は、荘園とよばれましたが、10世紀までに衰退してしていきます。

荘園が増加してくると、国が口分田として支給する公有地が不足したため、班田収授法は行えなくなり、公地公民制はもとより、律令制度そのものがくずれていきました。朝廷の収入は減りつづけ、統治する力も弱まっていきました。

スポンサーリンク

後期の荘園

地方豪族は荘園領主に土地を寄進し、保護を受けました。国司の中には任国に行かずに収入だけを得る者や、任国におもむいても私利をむさぼり、地方政治をかえりみない者も多くいました。開発領主(有力農民)や郡司などの地方豪族は、国司の圧迫からのがれ、開墾して広げた私有地を保護してもらうために、中央の有力な貴族や寺社に土地を寄進しました。こうして成立した荘園を寄進地系荘園といいます。

荘園の寄進を受けた有力な貴族や寺社は、名目上の所有 者(本所・領家)となり、土地を寄進した豪族は、荘園領主 (本所や領家)から荘官に任じられて土地の管理や年貢の取り立てにあたり、領主に年貢を納めるとともに、荘園の実権をにぎりました。

荘園で働く農民は「荘民」とよばれ、名主 (私有地をもつ農民)がその中心だったが、有力な名主の中 には、荘官となる者もいました。 やがて荘園領主は、朝廷や国司に税を免除してもらう不輸の権や、国衙(国司が執務する役所)の役人の立ち入りをこばむ不入の権を得ます。不輸・不入の権の拡大によって、 荘園での土地・人民の私的支配が強まり、荘園は朝廷の支配から独立した土地になっていきました。

荘園の消滅

地頭は荘園の侵略を進めていきます。 執権政治が確立すると、地頭となった御家人は、鎌倉幕府の権威を背景に、荘園領主にさし出す年貢を横取りしたり、農民に労役を課したりしました。また、荘園内の荘官(管理者)や名主を従えて土地を自分のものにしようとしたため、荘園領主と対立するようになります。

下地中分

荘園領主は、地頭の荘園侵略をくい止めようとしますが、 やがてむずかしくなり、しかたなく、地頭に荘園の管理権を認めたり(地頭請),荘園の半分をあたえたりした(下地中分)。こうして、地頭が荘園を獲得していきます。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする