中3理科「酸・アルカリと中和」

シェアする

スポンサーリンク

中3理科「酸・アルカリと中和」についてまとめています。酸・アルカリと中和に関して、酸性とアルカリ性とイオンや、中和と塩などにふれています。それでは、中3理科「酸・アルカリと中和」です。

酸・アルカリ

酸性とアルカリ性は酸、酸性の水溶液とアルカリ性の水溶液は、それぞれ次のような共通の性質ももちます。

青色リトマス紙 赤色リトマス紙 BTB液 マグネシウムリボン
酸性 赤色に変化させる 変化しない 黄色になる 水素が発生する
中性 変化しない 変化しない 緑色になる 変化しない
アルカリ性 変化しない 青色に変化させる 青色になる 変化しない
スポンサーリンク

酸性とアルカリ性とイオン

酸やアルカリが電離するときのようす

<酸の電離(水素イオンH+が生じる)>

様子 イオン式
塩酸の電離 塩酸→水素イオン+塩化物イオン HCl→H++Cl
硝酸の電離 硝酸→水素イオン+硝酸イオン H2SO4→2H++SO42-

<アルカリの電離(水酸化物イオンOHを生じる)>

様子 イオン式
水酸化ナトリウムイオンの電離 水酸化ナトリウム→ナトリムイオン+水酸化物イオン NaOH→Na++OH
水酸化カリウムの電離 水酸化カリウム→カリウムイオン+水酸化物イオン KOH→K++OH
水酸化バリウムの電離 水酸化バリウム→バリウムイオン+水酸化物イオン Ba(OH)2→Ba2++2OH

pH

酸性やアルカリ性の度合いを表す数値。pHは7が中性で、値が小さいほど酸性が強く、大きいほどアルカリ性が強いです。

中和と塩

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の混合において、塩酸に水酸化ナトリウム水溶液を混ぜていくと、水溶液の酸性がしだいに弱まります。中性になった水溶液を蒸発させると、白い血しょう(塩化ナトリウム)が現れます。

塩化ナトリウムのように、酸の陰イオンとアルカリの陽イオンが結びついている物質。

中和

酸とアルカリが互いの性質を打ち消しあい、塩と水が生じる化学変化。

  • 酸+アルカリ→塩+水

中和では、酸の水素イオンとアルカリの水酸化物イオンが結びついて、水が生成する。中和は熱を発生する発熱反応です。

  • ++OH→H2

いろいろな塩

中和が起こるとき、酸とアルカリの種類がちがうと、できる塩の種類も変わります。

水に溶けやすい塩ができる中和

塩は蒸発や再結晶によって取り出します。

HCl+NaOH→NaCl+H2O 塩化水素+水酸化ナトリウム→塩化ナトリウム+水
HNO3+KOH→KNO3+H2O 硝酸+水酸化ナトリウム→硝酸カリウム+水

水に溶けにくい塩ができる中和

塩は沈殿になります。

H2SO4+Ba(OH)2→BaSO4+2H2O 硝酸+水酸化バリウム→硝酸バリウム+水
H2CO3+Ca(OH)2→CaCO2+2H2O 炭酸+水酸化カルシウム→炭酸カルシウム+水
スポンサーリンク

シェアする