中2理科「心臓のつくりとはたらき」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「心臓のつくりとはたらき」についてまとめています。心臓は、全身に血液を循環させるポンプの役割を果たしています。それでは、中2理科「心臓のつくりとはたらき」です。

心臓のつくり

心臓は、胸のやや左下方にある筋肉質のにぎりこぶしぐらいの大きさの袋です。内部は筋肉の壁によって、左右のへやに分かれています。それそれのへやは、さらに上方の心房と、下方の心室とに分かれています。

心臓のつくり
心房は血液の静脈から受け入れるへやであり、心室は血液を動脈に送りだしているへやです。左心室の壁は、特に厚くなっています。心房と心室の境及び心室と動脈の境に弁膜があって、血液の逆流を防ぐようになっています。心臓は、規則正しく交互に収縮と拡張を繰り返しています。この収縮を心臓の拍動しています。心臓の拍動は、神経とホルモンによって調節しています。

スポンサーリンク

心臓の拍動によって、血液が動脈に送り出されるとき、動脈には心臓の収縮による圧力、すなわち血圧の変化が波になって伝わります。

血液の循環

心臓を中心にした血液の流れは、心臓から肺をまわって心臓に戻る肺循環と、心臓からからだ前身の各部をまわって心臓にもどる体循環の2つに分かれます。それは、血液は酸素と二酸化炭素を交換するためで、心臓→肺→心臓、心臓→全身→心臓の2つの循環を行っています。

肺循環

血液が、心臓→肺→心臓と循環することを肺循環といいます。血液が肺循環することで、酸素と二酸化炭素を交換することができます。

  • 血液…肺の中の毛細血管を通るとき、二酸化炭素を放出し、酸素を取り入れています。

体循環

血液が、心臓→全身→心臓と循環することを体循環といいます。血液が体循環することで、酸素や養分を全身の細胞にとどけることができ、細胞からいらなくなった二酸化炭素や不要物を受け取り、排出することができます。

動脈血・静脈血

体循環では、静脈血が静脈を流れ、動脈血が動脈が流れますが、肺循環では、静脈血が肺動脈を流れ、動脈血が肺静脈を流れます。

あわせて確認

以上が、中2理科「心臓のつくりとはたらき」です。

スポンサーリンク

シェアする