【中2理科】金属と酸素の化合の質量比の定期テスト対策予想問題

スポンサーリンク

金属と酸素の質量比の計算問題

装置を用意して、いろいろな質量の銅の粉末をステンレスの皿に広げて加熱し、 完全に酸化させた。下の図は、このときの銅の質量と酸化物の質量の関係をグラフに示したものである。これについて、あとの問いに答えなさい。

銅の質量と酸化物の関係のグラフ

銅の質量と酸化物の関係のグラフ

  1. 銅の質量と加熱後の酸化物の質量の比を、もっとも簡単な整数の比で答えなさい。銅:酸化物の順に書きなさい。
  2. 2.0gの銅と化合する酸素の質量は何gか。
  3. 銅の質量と化合する酸素の質量の比を、もっとも簡単な整数の比で答えなさい。銅:酸素の順に書きなさい。
  4. 1.6gの銅が完全に酸化したとき、化合する酸素の質量は何gか。
  5. 銅を完全に酸化させた酸化物 3.0gには、銅は何gふくまれているか。
  6. 銅4.8gを完全に酸化させたときの酸化物の質量と、そのとき化合した酸素の質量はそれぞれ何gか。

金属と酸素の質量比の計算問題解答

金属と酸素の化合の質量比は、「化合した酸素の質量(g)=酸化物の質量(g)-金属の質量(g)」で、化合した酸素の質量を求めることがポイントです。

  1. 4:5
  2. 0.5g
  3. 4:1
  4. 0.4g
  5. 2.4g
  6. 酸化物6.0g 酸素1.2g

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました