中学歴史「アヘン戦争」とその前後

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「アヘン戦争」とその前後についてまとめています。イギリスは三角貿易を行って、流出した銀を取りもどししましたが、その後、アヘンの密輸は禁止され、アヘン戦争となります。そして、イギリスと清は南京条約を結んだ。洪秀全は農民を率いて兵をあげ、太平天国を建国します。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史「アヘン戦争」とその前後です。

アヘン戦争の前

イギリスでは紅茶を飲む習慣が広まり、清(中国)から茶を大量に輸入していたが、清は18世紀半ばから、欧米諸国との貿易を広州1港に限るなどの制限をした。

スポンサーリンク

三国貿易

このため、イギリスの対清貿易は綿布などの輸出がのびず、大幅な赤字となり、代金の銀が清に大量に流れていった。そこで、イギリスは銀の流出を防ぐために、本国で生産した綿織物を大量にインドへ輸出し、インドの農民に麻薬をつくらせて、ひそかに清に輸出させた。この結果、清の銀はインドを経由してイギリスにもどることになったが、逆に清は銀の流出で財政難となり、アヘン の中毒が人々に広がったため、アヘンの密輸を禁止した。

アヘン戦争

清の役人が密輸厳禁策を強行して、イギリス商人のアヘンを没収して焼き捨てたため、イギリスは自 国の貿易や商人の保護を口実にして、1840年、清に戦争をしかけた。これをアヘン戦争という。約2年間の戦争で,近代的な兵器をもつイギリスは、強力な艦隊を送って広州や上海を占領し、南京にせまって清を降伏させた。

南京条約

1842年、イギリスと清は講和条約として南京条約を結び、清は広州・上海など5港を開き、イギリスに香港をゆずり、多額の賠償金をしはらった。また、追加として、1843年に清は、イギリスの領事裁判権を認め、自国に関税自主権のない不平等条約を結ばされた。さらに、清は アメリカ合衆国・フランスとも同様の条約を結んだ。 アヘン戦争に敗れた清では、欧米諸国の侵略が進み、植民地のような状態にされていった。また、開国によって綿製品が大量に流入し、綿織物の生産を副業にしていた農民のくらしを圧迫するとともに、戦費や賠償金の支払いのために重税が課せられ、人々のくらしはさらに苦しくなった。

大平天国

人々の生活が苦しくなると、満州人の清を倒して漢民族の再興をはかり、貧富の差のない平等な社会をめざす動きがおこった。1851年、洪秀全は農民を率いて兵をあげ、国号を建業国とし、1853年に南京を占領して都とした。太平天国は、清の義勇軍とイギリスなどの外国人部隊の攻撃を受け、内部分裂もあって、1864年に滅んだ。民族主義と平等な社会の建設をかかげた反乱は、辛亥革命のちの中国の民族運動に大きな影響をあたえた。

太平天国などの混乱のなか、イギリスとフランスは首都の北京を占領し、清に市場開放やキリスト教の布教を認めさせるなど、欧米諸国はますます中国侵略を強めていった。

まとめ

アヘン戦争は、清がアヘンを取り締まるとイギリスは軍艦を送り、清を降伏させました。

  • 南京条約…イギリスは、上海など5港を開港を手に入れました。清の関税自主権を認めず、イギリスが領事裁判権持つ不平等条約。
  • 太平天国の乱…アヘンの戦争後、重税での生活の苦しくなった農民が、洪秀全を中心としておこした反乱。太平帝国は、土地を平等に分け、貧富の差のない社会を作ろうとしました。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする