中学社会「アメリカの歴史と民族・人種」

シェアする

スポンサーリンク

中学社会「アメリカの歴史と民族・人種」についてまとめています。アメリカは、18世紀にイギリスから独立しました。多くの人種・民族からなる多民族国家となりました。このあたりについて詳しく記述しています。それでは、中学社会「アメリカの歴史と民族・人種」です。

アメリカの歴史と民族・人種

アメリカ合衆国には元来、ネイティブアメリカンとよばれる先住民族が居住していたが、1492年にコロンブスが西インド諸島に到達するとヨーロッパ人が来航し、最初はスペインから、ついでイギリスやフランスからの移民が相次いだ。 やがて、イギリスが東部に13の植民地をつくったが、この13 の植民地が1776年に本国からの独立を宣言し、独立戦争を経て、アメリカ合衆国が誕生した。

  • アメリカ独立戦争…1773年にボストンの茶会事件がおこると、本国と植民地の対立がいっそう深まり、1775年に13の植民地の人々は ワシントンを総司令官として独立戦争を始めました。そして、1976年、植民地の人々は、人間の平等・自由・幸福の追求、圧政への抵抗権などをもりこんだ「独立宣言」を発表しました。独立軍は苦戦したが、当時イギリスと対立していたフランスやスペインなどの援助を受けて、1783年、本国軍を破って独立。1787年には、人民主権をもりこんだ世界初の近代的な成文憲法といわれるアメリカ合衆国憲法を制定。
    確認中学歴史「アメリカ独立戦争」
スポンサーリンク

19世紀のアメリカ

その後、西方への開拓 が進み、19世紀後半には太平洋岸に達した。この間、アフリカ大陸から黒人が奴隷として強制的に連行されてきた。アメリカはヨーロッパ系(白人)を中心に、アフリカ系 (黒人)、アジア系移民、先住民族など、多くの人種・民族からなる多民族国家である。とくに、近年は、ヒスパニックとよばれるスペイン語を話すメキシコや中南アメリカか らの移民が増加している。互いの民族は、あまり混じり合うことなく、各民族が独自の生活を送ることも多いため、アメリカは「人種のサラダボウル」とよばれている。

  • ネイティブアメリカン…アメリカ合衆国の先住民族を まとめたよび名で,かつてイン ディアンとよばれた人々をさすことが多い。北極に近いアラス 「カに住むイヌイット(エスキモ ー)、ハワイに住むポリネシア系のハワイ人(ハワイアン)などをふくむこともある。

あわせて確認

以上が、中学社会「アメリカの歴史と民族・人種」となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク