中学理科「アンモニアの性質と発生方法」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「アンモニアの性質と発生方法」についてまとめています。

アンモニアの性質

  • より軽い…空気の密度の約0.6倍。
  • 刺激臭がある…粘膜を強く刺激するので、目、鼻。口に直接触れないようにする。
  • 家によくとける…20°Cで、水1cm3に約760cm3とける。とけた水溶液はアルカリ性を示す。
  • 塩化水素と反応して白煙を生じる…濃アンモニア水に、濃塩酸を近づけると、白煙が生じる。
スポンサーリンク

アンモニアの発生方法

  • 塩化アンモニウムに水酸化カルシウムを加え、加熱する…塩化アンモニウム(白色、固体)に水酸化カルシウム(白色、固体)を加え、混合し加熱する。実験室ではこの方法を用いている。
  • 窒素と水素を混合して高圧で触媒を用いて反応させる…工業的にはこの方法によって得ている。

アンモニアの判別方法

  • 手で仰ぐように臭いをかぐと鼻を刺すような刺激臭がする。
  • 水に溶かしフェノールフタレイン液を入れると赤色になる。
  • 塩酸を近づけると白煙(塩化アンモニウム)が生じる

まとめ

  • 化学式…NH3
  • アンモニア水を熱する。
  • 塩化アンモニウムと水酸化カルシウム(消石灰)の混合物を熱します。
  • 無色で鼻をつくにおいがあり、空気より軽い。
  • 水に非常によく溶け、水溶液であるアンモニア水は、弱いアルカリ性を示します。

他の気体

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク