中3理科「物理分野まとめポイント」

シェアする

スポンサーリンク

中3理科「物理分野まとめポイント」についえまとめています。

中3理科 物理分野

スポンサーリンク

  • 力のつりあい条件…①2つの力の大きさが等しい。②2つの力は一直線上にある。③2つの力の向きが反対である。
  • 力の合成…2つの力と同じはたらきをする1つの力を求めること。合成した力を2つの力の合力(ごうりょく)といいます。
  • 力の分解…1つの力を2つの力に分けること。分解した力をもとの力の分力といいます。

確認中3理科「力のつり合い・力の合成と分解」

記録タイマー

  • 速さ=物体が移動した距離/移動するのにかかった時間
  • 平均の速さ…速さの変化する物体が、一定の速さで運動したと考えて求めた速さ。
  • 瞬間の速さ…ごく短い時間に移動した距離をその時間で割って求めた速さ。
  • 記録タイマー…スイッチを入れると一定の時間間隔でテープに打点する器具。

だんだん速くなる運動

  • 斜面を下る運動…斜面上の台車には、斜面にそう下向き(運動の向き)の力がはたらき続けるため、台車の速さは時間とともに増加します。
  • 自由落下運動…物体を落下させたときの運動。自由落下する物体の速さは、物体が斜面を下るときと同じように、しだいに増加します。

確認中3理科「斜面を下る運動・自由落下運動」

等速直線運動

  • 等速直線運動…等速直線運動は、速さがかわらず、一直線上に動く運動です。
  • 慣性の法則…「物体は外から力を加えない限り、製糸しているときはいつまでも静止し続ようとし、運動しているときはいつまでも、等速直線運動を続けようとする」法則

確認中3理科「等速直線運動と慣性の法則」

仕事

  • 仕事=力の大きさ×力の向きに動いた距離
  • 仕事の原理…動滑車などの道具を使って仕事をすると、力は小さくなりますが、力をはたらかせる距離は大きくなり、結果として仕事の大きさは変わりません。
  • 定滑車による仕事…物体を持ちあげる力の大きさも、ひもを引く距離も、滑車を使わない場合と変わらないので、仕事の大きさに変わりはありません。
  • 動滑車による仕事…ひもを引く力の大きさは物体と滑車にはたらく重力の1/2になりますが、ひもを引く距離は2倍になるので、仕事の大きさには変わりがありません。
  • てこによる仕事…物体を持ち上げるのに必要な力は小さくてすみますが、動かす距離が大きくなるので、仕事の大きさには変わりがありません。
  • 斜面での仕事…斜面にそって引き上げる力は直接真上に持ち上げる場合より小さくてすみますが、動かす距離が長くなるので、仕事の大きさには変わりがありません。

確認中3理科「仕事の原理・仕事率」

力学的エネルギーの保存

  • エネルギーの単位…仕事の単位と同じ柄、ジュール(記号J)を用います。
  • 位置エネルギー…位置エネルギーは、高いところにある物体がもっているエネルギーです。物体がもっている位置エネルギーは、物体の位置が高いほど大きく、物体の物体が大きいほど大きい。
  • 力学的エネルギー…位置エネルギーと運動エネルギーの和となります。
    運動エネルギーの保存…摩擦や空気の抵抗がなければ、力学的エネルギーは一定に保たれます。

確認中3理科「力学的エネルギーの保存」

  • 伝導(熱伝導)…熱が温度の高いほうから低いほうへ移動する現象。金属のように熱伝導率が高いものと、空気のように熱伝導率が低いものがあります。
  • 対流…物体が循環して熱が伝わる現象。加熱された水は膨張して密度が小さくなって上部へ移動し、上部の冷たい水と入れかわります。
  • 放射(熱放射)…高温の物体から出ている赤外線によって、熱が運ばれる現象。熱したアイロンから離れたところにある物体が温まる現象です。

確認中3理科「いろいろなエネルギーとその保存・利用効率」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク