中2理科「地学分野まとめポイント」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「地学分野まとめポイント」についてまとめています。

中2理科 地学分野

スポンサーリンク

日本の四季

  • 春と秋の天気…揚子江気団の一部が離れてできた移動性高気圧と低気圧が、日本付近を交互に通り抜けていきます。
  • つゆの天気…5月中旬から7月下旬にかけて、北海道を除く日本列島はつゆ(梅雨)に入ります。
  • 夏の天気…日本列島は小笠原気団におおわれています。南高北低の気圧配置になりやすく、南東の季節風がふき、蒸し暑い晴天の日が続きます。
  • 台風…高温・多湿の熱帯の海上で発生した熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が毎秒17.2m以上になったもの。台風は温かい海面から蒸発した多量の水蒸気をもとに発達したものです。
  • 冬の天気…シベリア高気圧が発達し、西の大陸で気圧が高く、東の太平洋側で低い西高東低の気圧配置になります。

確認中2理科「日本の四季の変化(季節ごとの天気の特徴)」

気団

  • 冬の気圧配置図…西高東低の気圧配置で、シベリア気団の影響。等圧線がたて型にのび、間隔がせまい。北西からの季節風が吹く。
  • 夏の気圧配置図…南東(南)に大きな高気圧で、小笠原気団の影響。南東からの季節風が吹く。
  • 春の気圧配置図…移動性高気圧が日本上空を 周期的に通過する。このため、周期的に天気が変化する。揚子江気団の影響。
  • 梅雨のとき天気図…梅雨(停滞前線ができる。前線の北側で雨が多い。オホーツク海気団と小笠原気団の影響。

確認中2理科「日本の気象と気団の特徴」

前線

  • 停滞前線…寒気団と暖気団の勢力がほぼ同じで、ほとんど動かずに停滞する前線。
  • 温暖前線…暖気が寒気の上をはい上がるように進むときにできる前線。
  • 寒冷前線…寒気が暖気をおし上げるように進むときにできる前線。
  • へいそく前線…寒冷前線が温暖前線に追いついてできる前線。へいそく前線ができると地上は寒気におおわれ、低気圧は消えてしまうことが多い。

確認中2理科「前線の種類と前線通過前後の天気変化」

飽和水蒸気量(湿度)

  • 露点…水蒸気をふくんでいる空気が冷え、ある温度になると、凝結が始まり水滴(霧)できはじめます。このときの温度を、その空気の露点といいます。
  • 凝結…気体が液体に変わる現象。露点の高い空気ほど多くの水蒸気をふくんでいます。

確認中2理科「飽和水蒸気量と湿度」

天気

  • 気温…乾球湿度計の示度で表されるので、18℃が答えです。
  • 湿度…乾球と湿球の示度の差は、18-16=2 湿度表から湿度は、80%が答えとなります。
  • 気圧…アネロイド気圧計などの気圧計で測定する。単位は、ヘクトパスカル(hPa)を用います。1気圧=1013hPa。
  • 風向…風のふいてくる方向。16方位で表します。たとえば、北東の風とは、北東から南西に向かってふく風です。
  • 風力…風の強さ。風力階級0~12の13段階で表す。数字が大きいほど、強い風です。風力階級は、風速から求める場合と、周辺のようすから調べる方法があります。

確認中2理科「気象観測のしかた」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク