【中学地理】県名と県庁所在地名が異なる県一覧

県名と県庁所在地名が異なる県についてまとめています。

スポンサーリンク

都道府県

日本は47の都道府県で構成されています。その内わけは、 1都(東京都)、1道(北海道)、2府(大阪府、京都府)、43県です。都道府県制度は、明治時代初期に、それまでの行政区分 であった藩が廃止されたのに代わって導入されました。当初は 東京都が東京府であったり、沖縄県が鹿児島県の一部であったりと、現在と異なっていました。その後、整理・統合が進み、1943年に現在の形になりました。

参考中学歴史「明治維新と文明開化」

各都道府県には、中心となる役所(都道府県庁)が置かれている。都道府県庁が置かれている都市を県庁所在地(都道府県庁所在地)といい、県名と県庁所在地名が異なる県もあります。

県名と県庁所在地名が異なる県

県名県庁所在地名県名県庁所在地名
北海道札幌市愛知県名古屋市
岩手県盛岡市三重県津市
宮城県仙台市滋賀県大津市
茨城県水戸市兵庫県神戸市
栃木県宇都宮市島根県松江市
群馬県前橋市香川県高松市
埼玉県さいたま市愛媛県松山市
神奈川県横浜市沖縄県那覇市
山梨県甲府市

県境の決め方

自然を利用した環境や話し合いで決められた県滝などがありまりが、都道府県の境である県境の多くは、山や川などの自然を 利用して決められています。県境が定まっていない地域もいくつかあります。

和歌山県北山村のように、周りをほかの県(三重県と奈良県)に囲まれた場所もあります。このような場所を「飛び地」とよんでおり、全国にいくつかみられます。

道州制の議論

現在、日本では、現行の都道府県制度を廃止して、道州制を導入しようとする考えがあります。道州制とは、全国を大きく10程度の道と州に分ける制度で、国の行政のスリム化と地方分権の推進がおもな狙いです。

現在の国の仕事はできる限り道と州に、都道府県の仕事は大幅に市町村に移ることになるため、 国と地方の権限の見直しや財政再建につながると期待されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました