中学地理「地図記号と方位」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「地図記号と方位」についてまとめています。

地図記号

地図記号

入試やテストによく出る地図記号

地形図中には、さまざまなマーク(記号)が示されている。この記号は地図記号とよばれ、その土地がどのように利用されているかや、どんな建物が建っているかを表している。

スポンサーリンク

方位

方位は、とくに示されていなければ、ふつう上が北で、右が東、下が南、左が西を表している。ただし、上が北ではない場合は、方位記号で方位が示される。

水準点と三角点

  • 水準点…高度の基準になる点で、おもな道路沿いに設けられている。
  • 三角点…測量を行うときの位置の基準で、山頂などに設けられている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク