中学地理「調査のまとめ方・発表の仕方」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「調査のまとめ方・発表の仕方」についてまとめています。理由と目的→調査方法→結果の順にまとめるのが一般的です。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学地理「調査のまとめ方・発表の仕方」です。
確認中学地理「身近な地域の調査」

調査のまとめ方

野外調査が終わったら,調査結果のまとめに入る。まとめ方は、調査テーマを設定した理由と目的、調査方法、結果の順にまとめるとよい。まとめ方のコツは、文章が長くならないように、簡潔にまとめることである。1, 2, 3) …などと、箇条書きにするのもよい。この際、グラフやイラスト、地図、写真などを入れると、わかりやすくなる。

スポンサーリンク

発表の仕方

ビデオ、スライドなどを使う方法もある。一般的に、発表の仕方としては、レポート形式にするのが一般的だが、それ以外にも、新聞の形にして発表したり、ビデオ、スライド、パソコンを使って上映したりして発表する方法もある。また、イラストマップにするのもよい。発表が終わったら、質問を受けつけ、他者の意見を聞くと自分の勉強にもなる。また、お世話になった人や機関への報告書の提出や礼状も忘れないようにする。

グラフの利用法

グラフには、円グラフ、帯グラフ、折れ線グラフ、棒グラフなどがあり、それぞれに適した目途がある。

  • 円グラフ…総計の内わけを表すのに適する。
  • 棒グラブ…総計の内わけを表すのに適する。年ごとの内わけの変化を表すのにも使われる。
  • 折れ線グラフ・棒グラブ…年ごとの数値の変化を表すのに適する。複数の数値を比較するのに適する。

中学地理 地域など復習

以上が、中学地理「調査のまとめ方・発表の仕方」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク