中学理科「ヒトの中枢神経」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「ヒトの中枢神経のつくりとはたらき」についてまとめています。

ヒトの中枢神経

スポンサーリンク

ヒトの脳

脳は5つの部分からできている。

  • 大脳…感覚の知覚や記憶・理解・感情・思考・判断・意識して行う行動などを支配している。
  • 間脳…体温・水分・血圧などの調節を行っている。
  • 中脳…姿勢の保持・眼球の反射運動などの調節を行っている。
  • 小脳…運動や平衡感覚の調節を行っている。
  • えんずい…呼吸運動、心臓の拍動、消化器官の運動などの調節を行っている。

確認中2理科「ヒトの脳のはたらきとつくり」

せきずい

せきずいは、背景のなかを走っている神経細胞の束で、脳と末しょう神経の連絡経路になるとともに、一部の反射の中枢となっている。

  • 反射…からたを守り、生きていくためのどうしてもなくてはならないからだの反応のしくみで、生まれつき、神経の中に、反応のしくみができている。反射は大脳に関係なくおこる。
    確認中2理科「反射と条件反射」

神経細胞

神経細胞は、刺激の信号を伝えるために特殊化した細胞で、ニューロンまたは神経単位ともよばれる。神経細胞は、細胞体と樹状突起、軸索 からできている。軸索は神経突起ともよばれる。

神経の信号

神経の信号は電流によって伝えられるが、導線を電流が伝わるしくみとは異なる。ふつう、神経細胞の内部は、-の電気、細胞の外部は+の電 気をもっている。この電気の+と-が、信号をおくるときだけ逆転し、この逆転がとなりへとなりへと伝わっていきlそれによって信号が伝えられる。この信号は両方向に伝わる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る