中学国語・読解「要点と段落のとらえ方」

シェアする

スポンサーリンク

中学国語・読解「要点と段落のとらえ方」についてまとめています。要点は、文章の中心となる、大切な事柄です。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学国語・読解「要点と段落のとらえ方」です。

要点・段落

話題やキーワードに着目し、段落の中心となる内容が書かれた部分とそれを支える部分を読み分けること、段落では、各段落の内容をつかみ、その段落が果たす役割を捉えることがポイントとなります。

スポンサーリンク

要点の捉え方

  1. 要点は、文章の中心となる、大切な事柄で、文章中で繰り返される語句(=キーワード)を捉え、話題をつかむ。
  2. 段落の初めや終わりの方に着目して、中心文を見つける。
    →まとめを述べた部分「つまり「要するに」「このように」などが中心文のヒント
    →筆者の意見を述べた部分「…べきだ。」「…と考える。」などが中心文のヒント
    →具体例や理由を述べた文、たとえを用いて表現した文などは除く。

段落の役割の捉え方

  1. 各段落の要点を捉える。
  2. 段落冒頭の接続語に注目して、前後の段落のつながりを捉える。
    ・順接(例)だから・したがって
    ・逆接(例)しかし・だが・ところが
    ・並列・累加(例)また・そして・しかも
    ・対比・選択(例)あるいは・または・一方
    ・説明・補足(例)つまり・ただし・例えば
    ・転換(例)さて・ところで・ては
  3. 文章全体の中で、その段落がもつ役割を考える。
    参考中学国語「接続語」

まとめ

  1. 段落の要点をつかむには、中心となる内容を述べた部分と、それを支える説明部分(具体例や理由など)とを読み分けます。
  2. 「たとえば」は、例示の接続語。要点をまとめるときは、筆者が最も言いたい内容を捉えるために、具体例やたとえをつかっている部分は除く。

あわせて確認

以上が、中学国語・読解「要点と段落のとらえ方」となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク