【中学歴史】大正デモクラシーの練習問題

スポンサーリンク

大正デモクラシーの練習問題

次の説明文を読んで、あとの問いに答えなさい。

 第一次世界大戦中、世界的に民主主義の動きが広がる中で、日本でも、a民王主義を求める風潮が広がった。1918年のb米騒動の後、立憲政友会総裁の( 1 ) が、本格的な政党内閣を組織した。

国内ではさまざまなc社会運動がくり広げられ、労働組合の指導で、労働条件の改善を求める( 2 )がしばしば起こり、1920年には日本最初の( 3 )も行われた。農村では、小作料の引き下げを地主に要求する( 4 )が起きた。また、厳しい部落差別に苦しんでいた人々は、1922年、( 5 )をつくって解放と自由・平等を求める運動を進めた。北海道では、( 6 )民族の解放運動も起こり、1930年に北海道( 6 )協会が結成された。

1925年に、加藤高明内閣のもとで( 7 )が成立し、d普通選挙が実現した。一方で( 8 )が制定され、共産主義に対する取りしまりが強化された。

(1) 文中の1~8の(  )にあてはまる語句や人名を書きなさい。

(2) 下線部aについて、大正時代のこの風潮を何といいますか。

(3) 下線部Bについて、次の文中の1~2の(   )にあてはまる語句を書きなさい。

( 1 )出兵をきっかけとした米の買いしめから、米の値段が大幅に上がったため、米の安売りを求める運動が(2)県から始まり全国に広がった。

(4) 下線部cについて、青鞜社を結成して女性の解放をうったえ、新婦人協会を設立した人物はだれですか。

(5) 下線部dについて、選挙権をあたえられたのはどのような人ですか。

大正デモクラシーの練習問題解答

(1) 1原敬 2労働争議 3メーデー 4小作争議 5全国水平社 6アイヌ 7普通選挙法 8治安維持法

(2) 大正デモクラシー

(3) 1シベリア 2富山

(4) 平塚らいてう

平塚らいてうは、1920年に、市川房枝らとともに、女性の参政権や男女共学などをかかげた新婦人協会を設立した。

(5) 満25歳以上の男子

普通選挙法により、有権者数は増加し、1000万人をこえ、総人口の約20%の人が選挙権を持つようになった。

要点 中学歴史「大正時代の要点まとめノート」

コメント

タイトルとURLをコピーしました