中学地理「日本の伝統工業」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「日本の伝統工業」についてまとめています。

伝統工業

伝統工業とは、むかしからその土地に伝わる技術や材料を生かした、ほとんど手づくりの工業。

  • 手づくり…古くからの技術を使って、一つひとつ手づくりでつくる。
  • 伝統的な原材料…むかしながらの天然の材料。
  • 各地域の特産物…各地の気候や土地の条件を生かした製品は、それぞれ特産物となっている。
スポンサーリンク

伝統工業の製品

  • 焼き物(陶磁器) …茶わん・皿・湯のみなど。
  • 塗り物(漆器)…おわん・おばん・はしなど。
  • 織物…着物・帯・ネクタイなど。
  • そめ物…糸や織物に色やもようをつける。
  • 文ぼう具…和紙・筆・すみ・すずり・そろばんなど。
  • その他…鉄びん・包丁などの金属製品, たんすなどの木工品, 仏だん・仏具。

伝統工業の新しい動き

現在は、大量生産の工業製品がでまわり、使い捨ての時代になっているが、いっぽうで、生活用品にもうるおいを求める気持ちが強まり、手づくりの製品が見直されている。国は、1974年に「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」を定め、伝統的工芸品の指定をして、伝統的工芸品をアピールしている。

伝統工業 いろいろな問題

  • 伝統工業は、規模が小さく、生産量も少ないので、大量生産をする大工場の製品におされがちである。
  • 都市の大工場にくらべて、労働条件が悪いことが多く、とくに若い人の働き手が少ない。
    技術を身につけるまでには、大変な努力と訓練、年月が必要なので、技術をもった後継者(あとつぎ)が育ちにくい。
  • 生糸やうるしなど、原材料品の国内生産が少なくなり、輸入にたよっている。
  • 新しい動きでは、研修所をつくって、後継者(あとつぎ)を育てたり、新しいデザインや販売方法のくふうをしたりしている。

日本の工業の復習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク