【中学歴史】江戸時代の政治についての練習問題

スポンサーリンク

江戸時代の政治についての練習問題

次の3つの資料を読んで、あとの問いに答えなさい。

【資料1】田沼意次は、a商工業者の力を利用して幕府の財政を立て直そうとした。商工業は発展したが、わいろが横行したことや、bききん後の百姓一揆や打ちこわしの増加が原因で失脚した。

【資料2】松平定信は徳川吉宗の政治を理想とするc改革を始めたが、数々の厳しい統制で人々の反感を買った。

【資料3】老中の水野忠邦は幕府の力を回復させるために改革を行った。d外国の船を撃退することを命じた法令をやめるなどしたが、改革は2年あまりで失敗した。

(1) 資料2・資料3の改革を何といいますか。

(2) 下線部aについて、田沼意次が奨励した同業者組合を何といいますか。

(3) 下線部bのききんを何といいますか。

(4) 下線部Cについて、正しいものを次の中から選びなさい。
ア 裁判の基準を示す法律を定めた。
イ 旗本や御家人が札差からしていた借金を帳消しにした。
ウ 江戸や大坂の周辺の農村を幕領にしようとした。

(5) 【資料2】のころに、通商を求めて根室に来航したロシアの使節はだれですか。

(6) 【資料3】のころに、もと役人が大阪で起こした乱を何といいますか。

(7) 下線部dの法令を何といいますか。

江戸時代の政治についての練習問題解答

(1) 【資料2】寛政の改革 【資料3】天保の改革

(2) 株仲間

(3) 天明のききん

(4) イ

(5) ラクスマン

(6) 大塩の乱

もと役人であった大塩平八郎は、ききんで苦しむ人々 への奉行所の対応に不満を持ち、大商人をおそい、金や米を貧しい人々に分けようとした。

(7) 異国船打払令

異国船打払令は、1825年に出され、1842年に廃止された。

要点 中学歴史「江戸時代の政治改革まとめ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました