中学英語「文の構造のとらえ方」

シェアする

スポンサーリンク

中学英語「文の構造のとらえ方」について記述しています。

文の構造のとらえ方

英語の文は, 主語(S), 動詞(V), 目的語(O), 補語(C)の4つの要素と修飾語からなる。

スポンサーリンク

第1文型 (主語+動詞)の文。

修飾語句を伴うことが多い。

  • 第1文型(SV)…Tom runs fast. トムは速く走ります。

第2文型 (主語+動詞+補語〉の文。

主語(S) =補語 (C)の関係になる。

  • 第2文型(SVC)…She looks young. 彼女は若く見えます。
  • 第2文型(SVC)…He became a doctor.(彼は医者になった。)※ He = a doctor (S = C)

第2文型を作るおもな動詞

  • be 動詞(~である)
  • turn(~になる)」
  • become(~になる)
  • keep(~のままである)
  • look(~に見える)
  • feel(~と感じる)
  • sound(~に聞こえる)
  • taste(~の味がする)
  • get, grow(~になる)
  • smell(~のにおいがする)

第3文型〈主語+動詞+目的語〉の文

名詞・ 代名詞・不定詞・動名詞・that 節などが目的語になる。

  • 第3文型(SVO)…I wrote a letter yesterday. 私はきのう手紙を書きました。

第4文型 (主語+動詞+目的語(~に)+目的語(…を)》の文

動詞のあとに2つの目的語がくる。 「~に…を一する」という文で,2つの目的語はく(人)+(物)〉の順に並ぶ。

  • 第4文型(SVOO)…He gave me a present. 彼は私にプレゼントをくれました。
  • 第4文型(SVOO)…She made me this dress.彼女は私にこのドレスを作ってくれました。

第4文型と第3文型の書きかえ

to や for を用いて,〈(物)+ to [for]+(人)〉の語順に書きかえられる。

  • He gave me a present. ⇔ He gave a present to me. ※前置詞(to, for)以下は修飾語となる。
  • She made me this dress. ⇒ She made this dress for me.

to を使う動詞

  • give, tell, show, teach, send, lend(貸す)など

for を使う動詞

  • buy, cook, make, get, find など

第5文型 (主語+動詞+目的語+補語)の文。

目的語(O) =補語(C)の関係になる。

  • We call him Ken. (私たちは彼を健と呼ぶ。) him = Ken (O = C)」
  • The news made us happy.(その知らせは私たちを幸せにしました。)。

第5文型を作るおもな動詞

  • call(~を…と呼ぶ)
  • make(~を…にする)
  • name(~を…と名づける)
  • find(~が…とわかる)
  • keep(~を…にしておく)
  • paint(~を…(色)にぬる)
  • leave(~を…のままにしておく)

わせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク