中学英語「現在完了形(経験)のポイント」

シェアする

スポンサーリンク

中学英語「現在完了形(経験)」についてまとめています。経験は、過去のある時点で何かをしたことが、現在にも生きているというニュアンスがあります。完了、継続と同様、have+過去分詞形が基本となります。

経験を表す現在完了形

経験を表す現在完了形「(今までに)~したことがある」という、現在までの経験を表します。

  • I have visited London three times.
  • We have met him before.

などのような文章となります。

スポンサーリンク

経験を表す現在完了形でよく使われる語句

  • have[has]と過去分詞の間に置く語:ever([疑問文で]今までに) 、never(一度も〜ない)、often(しばしば)
  • 文尾に置く語:once(1回) 、twice(2回)、~times(~回)、many times(何度) several times(数回)、before(以前)
  • 文頭に置く語:How many times ~? / How often ~?(何回~)

経験を表す現在完了形の否定文

否定文は、never(一度も〜ない)を使うことが多い。

  • I have never climbed Mt. Fuji. (私は富士山に一度も登ったことがありません。)

経験を表す現在完了形の疑問文

疑問文は、ever(今までに)を使うことが多い。

  • Have you ever climbed Mt. Fuji? (あなたは今までに富士山に登ったことがありますか。)
    – Yes, I have. / No, I haven’t. (はい、あります。/ いいえ、ありません。)

回数や頻度をたずねる疑問文

How many times ~?How often ~? を使う。

  • How many times has Ken visited Nara? (ケンは何回奈良を訪れたことがありますか。)

have been toとhave gone to

have [has] been to ~「~へ行ったことがある」(経験)と「~へ行ってきたところだ」(完了)の2通りの意味を表します。have [has] gone to ~「~へ行ってしまった(今、ここにいない)」(完了・結果)という意味を表します

  • She has been to New York once. 彼女は1度ニューヨークへ行ったことがあります。
  • She has just been to the station. 彼女はちょうど駅へ行ってきたところです。
  • She has gone to New York.彼女はニューヨークへ行ってしまいました。

継続の覚えておきたい例文

  • I have visited London three times. 私はロンドンを3回訪れたことがあります。
  • We have met him before. 私たちは以前彼に会ったことがあります。
  • I have never read this book. 私はこの本を一度も読んだことがありません。
  • Have you ever seen the movie? あなたは、今までにその映画を見たことがありますか。
    – Yes, I have. / No, I haven’t  -はい, あります。/いいえ、ありません。
  • How many times has Ken visited Nara? ケンは何回奈良を訪れたことがありますか。

英文法 あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る