中3理科「塩化銅水溶液の電気分解」

シェアする

スポンサーリンク

中3理科「塩化銅水溶液の電気分解」についてまとめています。塩化銅や塩化鉄などの電解質の水溶液に電気を流すと、各電極から別の物質が得られます。このように、電流を流して1つの物質から2つ以上の別の物質をつくる化学変化のことを電気分解といいます。今回は、中3理科「塩化銅水溶液の電気分解」についてみていきます。

塩化銅水溶液の電気分解

塩化銅水溶液に炭素棒を入れ、電流を流す。すると陽極の炭素棒の表面からは、鼻をさすような刺激臭のある塩素が発生します。また、陰極の炭素棒の表面には、赤褐色の物質である銅が付着します。

塩化銅

塩化銅

<ポイント>
塩化銅水溶液に電圧をかける、陰極に銅が付着し、陽極から塩素が発生します。

  • 塩化銅→銅+塩素
  • CuCl2→Cu+Cl2
スポンサーリンク

塩化銅水溶液と塩酸の電気分解の結果

塩化銅水溶液 塩酸
化学変化 塩化銅→銅+塩素 塩化水素→水素+塩素
化学反応式 CuCl2→Cu+Cl2 2HCl→H2+Cl2
陽極での変化 塩素が発生する 塩素が発生する
陰極での変化 銅が付着する 水素が発生する

塩素

においをかぐと鼻をさすにおい。鼻をさすにおいとは、さらし粉、インキ消し、プールの消毒薬などのにおいです。有毒な期待なので、実験操作上、注意が必要です。

  • においをかぐときは、手であおいでかく。
  • においを深く吸い込んない。
  • 室内の喚起を十分に行う。

塩化銅水溶液の電気分解では、電極が乾いて表面から布でこすったり、電極に付着した物質を白紙の上に落とし、試験管の底でこすったりすると、金属光沢が出てくることでわかる。
注意銅は、磁石を近づけても反応しません。

金属の性質

鉄や銅などの金属は次の性質があります。金属でない物質(非金属)と区別できます。

  • みがくと光を受けて輝く(金属光沢)
  • たたくと広がり(展性)
  • 引っ張ると伸びる(延性)
  • 電流が流れやすい
  • 熱が伝わりやすい

磁石にくっつくのは、金属共通の性質ではありいません。鉄は磁石につくが、銅、アルミニウムはつきません。

中3化学 単元

以上が、中3理科「塩化銅水溶液の電気分解」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク