中学歴史「フランスの王政と革命」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「フランスの王政と革命」についてまとめています。フランスの王政は、絶対王政であり、官僚制と常備軍が支えていました。旧体制では、身分による差が大きかったのが特徴です。人権宣言は、人権確立の基礎となり、各国へ影響を与えます。ナポレオンは、フランス革命後の混乱の中で権力をにぎりました。

フランス革命前の社会

絶対王政のもと、国の財政は悪化していました。

スポンサーリンク

ルイ14世(1638~1715)

絶対的な権力を持ちました。「炭は国家なり」(わたし自身が国家そのものである)といったと伝えられます。

絶対王政

官僚制と常備軍に支えられ、王が強大な権力をにぎった政治制度で、王権神授説ではこうした王政は正しいとされました。

  • 王政への批判…聖職者や貴族が特権を持つフランスの現状を批判する啓蒙思想やアメリカ独立宣言に共感する人々が多くいました。

フランス革命のぼっ発

1789年、フランス革命が起こりました。

  • 国民議会…国王が召集した議会の中で、平民(第三身分)は自らを国民議会と唱え、憲法の制定を議論しました。
  • 蜂起…パリの民衆がバスティーユ牢獄をおそって武器をうばい 全国各地で一部の貴族や農民が立ち上がって、革命が始まりました。

人権宣言

1789年、国民議会が発表した人権宣言は、市民革命の原理となりました。

  • 封建身分の廃止。
  • 自由、平等、人民主権、私有財産の不可侵。
  • 身分や人種によらない普遍的な人間の権利。

共和制の成立

1792年に王政が廃止され共和制が成立しました。

  • 外国の干渉…1793年、フランス革命の波及をおそれるイギリス、オーストリアなどが革命に干渉し、戦争が始まりました。
  • 国王の処刑…1793年、国王が処刑され、政治は混乱しました。

ナポレオン

革命派の軍人として活躍したナポレオン(1769~1821) が、不安定な政情の中で台頭し、皇帝の位につきました。

  • 対外政策…武力によって、ヨーロッパ大陸をほぼ征服しました。
  • 民法典…経済活動の自由、家族の尊重を定めました。
  • 失脚…ロシア遠征に失敗(1812年)したナポレオンは,諸国の反撃に合って、1814年に退位し、翌年セント・ヘレナ島に流されました。

まとめ

  • フランスの王政…フランス国王が絶対的な権力を握り(絶対王政)、べルサイユ宮殿を建設・政治と文化の中心としました。第一身分(聖職者)と第二身分(貴族)は免税の特権。人口の90%を占める第三身分(平民)だけが税を負担する旧体制。さらに、イギリスと植民地をめぐる戦争をし、慢性的な財政赤字へ。
  • フランス革命…1789年、不満が高まりパリでも地方でも人々が立ち上がり、フランス革命が始まりました。自由、平等、人民主権、私有財産の不可侵などをうたう人権宣言を発表しました。王政の廃止。新政権は経済統制などによる政治。
  • ナポレオン…軍人のナポレオン権力を握り、皇帝の位につきます。ヨーロッパを支配し。民法典(ナポレオン法典)を制定し、革命の理念を広げました。1815年、ナポレオン軍の敗退。

確認中学歴史「近代市民革命と産業革命」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る