中学地理「主な原油の産出地域まとめ・原油産出量・輸出量・輸入量グラフ」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「主な原油の産出地域のまとめと原油の産出量・輸出量・輸入量のグラフです。

主な原油の産出地域

原油産出地域
原油の埋蔵量の約60%は、ペルシア湾岸の西アジアに集中。資源ナショナリズムが高まり、石油輸出国機構(OPEC)、アラブ石油輸出国機構(OAPEC)を結成し、石油価格に大きな影響を与えています。

  • 原油…油田から採掘されたままの石油のこと。原油を精製して、重油・軽油・ナフサなどが作られる。ナフサは石油製品の原材料となる。
  • 資源ナショナリズム…資源を自国の経済的自立に結び付けようとする動き。
  • 国際石油資本…先進資本主義国の巨大な多国籍企業で、かつては石油の生産・流通をすべておさえ、産油国を支配。
スポンサーリンク

サウジアラビアと原油

原油の埋蔵量・輸出量ともに世界有数で、石油輸出国機構(OPEC)の中心国にもなっており、原油や石油製品の輸出で経済を支えています。一方で、工業化はあまり進んでいません。

原油産出量・輸出量・輸入量グラフ

原油グラフ原油の輸入国はアメリカ合衆国・日本など先進国とインドなどの発展している工業国が占める。アメリカは、産出国であり、世界最大の原油輸入国。

  • 原油の分布…西アジアのペルシア湾岸。産油国は, サウジアラビア・アメリカ・イラン・中国など。
  • 原油…産出地に大きなかたよりがみられる。石油の産出地はペルシア湾を中心とする西アジアで、この地域の産出量は世界の約3割、埋蔵量は約2分の1をしめている。

その他資源の確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る