中学公民「グローバル化」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「グローバル化」についてまとめています。グローバル化の進展でわたしたちの社会や生活は大きく変化しました。グローバル化とは、人, 商品, お金, 情報の国境をこえた移動の活発化し、世界の一体化)していくこどです。

グローバル化

グローバル化とは 大量の人, 商品, お金, 情報などが、国境をこえて移動するようになり、世界が一体化する動きが進むことをいいます。

スポンサーリンク

グローバル化現象

<企業活動のグローバル化>
1980年代から資金, 人, 技術など生産に 必要なものの国境をこえた移動が活発になりました。世界に製品を売る企業は、世界各地に工場などをつくり、世界規模で販売網を形成しています。株式や通貨は,情報通信技術の発達などにより、世界で瞬時に取り引きされるようになりました。

<くらしに見るグローバル化>
現在、衣食住に必要な商品が、世界のさまざまな国・地域から輸入され、安く買えるようになっています。航空機や大型コンテナなど運輸の発達で、速く、多くの商品を運べるようになり、輸入品にかかる関税が引き下げられるなどしたからです。

国際競争

国際競争の激化しています。商品の輸出入が簡単にできるようになると、国際競争が進みます。国内でつくられる商品と輸入された商品との間で、また異なる国からの輸入品どうしで、よりよい品をより安く提供できるのはどちらかという競い合いが激しくなっています。

反グローバリズム

グローバル化については、世界の人々に利益をもたらす可能性を広げるという考え方が有力です。一方、強者と弱者の格差を広げ、環境破壊 をもたらすとしてグローバリズムに反対する考えもあります。反グローバリズムの立場から、環境・開発問題に取り組むNGO、原子力発電や遺伝子組み換え作物の普及に反対する運動などが行われています。

まとめ

  • グローバル化…世界との結びつきが強く深くなり、世界の一体化が進むこと。大量の人や商品、お金、情報などの国境を越えた移動が容易になり進展。
  • 要因…交通・通信技術の発達や国際的な取り決め。
  • 国際競争…国内生産のものと輸入のもの、異なる国から輸入した商品どうしで、質や価格を奪い合うこと。
  • 国際分業…それぞれの国や地域が、競争力のある産業に力を入れて生産したものを、貿易によって交換し合うこと。

確認中学公民「現代社会」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク