【中学歴史】平安時代の練習問題

スポンサーリンク

平安時代の練習問題

次の説明文を読んで、次の問いに答えなさい。

<説明文>
平安時代、藤原氏が競争相手の貴族を次々に退けて、勢力をのばした。藤原氏は娘を天皇のきさきにし、その子を次の天皇に立てた。やがて藤原氏は、天皇が幼いときは( 1 )に、成長すると( 2 )という職に就いて、政治の実権をにぎった。藤原氏は、朝廷の高い地位を独占し、( 3 )と呼ばれる私有地を多く持つようになった。

(1) 文中の1~3にあてはまる語句を書きなさい。
(2) 下線部の政治を何といいますか。
(3) (2)の政治の全盛期を代表する親子それぞれの名をそれぞれ書きなさい。

(4) 平安時代の文学作品について、次の表の1~3にあてはまる語句を書きなさい。

( 1 )紀貫之らがまとめた和歌集
源氏物語( 2 )が書いた長編小説
( 3 )清少納言が書いた随筆

平安時代の練習問題解答

(1) 1摂政 / 2関白 / 3荘園

(2) 摂関政治

(3) (親)藤原道長 (子)藤原頼通

「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたる こともなしと思えば」という歌は、道長の権力の強さを物語っている。

(4) 1古今和歌集 / 2紫式部 / 3枕草子

確認中学歴史「平安時代の要点まとめノート」

コメント

タイトルとURLをコピーしました