中学地理「日本の平野の特徴」覚えておくべき平野まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「日本の平野の特徴」覚えておくべき平野です。

日本の平野の特徴

  • 日本には、平野が少なく、国土面積の4分の1ほどしかない。
  • 日本の平野は、ほとんどが川の作用によって低地に堆積してできたもの。そのため、どれも小規模で不連続であり、海岸沿いに広がっている。
  • 日本の平野には、交通が発達し、農業・工業・商業などの産業が栄え、歴史的建物や文化施設が集中している。
スポンサーリンク

主な平野の種類

  • 沖積平野…川が運んできた土砂がつもってできた平野。日本の平野の大部分をしめる。
  • 海岸平野…浅い海底が盛り上がって陸地となった地形。九十九里浜・宮崎平野など。

覚えておきたい日本の平野

日本の平野

日本の平野

  • 筑紫平野…米の収穫後、小麦などの栽培する二毛作が行われています。ビニールハウスを使ったいちご(あまおうなどの品種)、トマトの栽培も盛んです。
  • 宮崎平野…冬の温暖な気候を利用して、野菜の促成栽培が盛んです。野菜は、トラックを利用して東京や大阪へ出荷しています。
  • 高知平野…かつての農業は、温暖な気候のもと、米の二期作が行われていました。野菜は、船・鉄道を使って大阪へ出荷していました。現在の農業は、なす・ピーマンなどの秋から冬にかけて、ビニールハウスで作る促成栽培が中心となりました。長距離フェリーやトラックに大阪だけでなく東京や新潟までも出荷できるようになりました。
  • 讃岐平野…雨が少なく、大きな川もないため、古くからかんがい用のため池がつくられてきた香川県北部の平野
  • 越後平野…日本有数の稲作地帯となっている信濃川流域に広がる平野。砂丘やはんらん原の微高地ではナシ,スイカ,チューリップなどの栽培も盛ん。
  • 石狩平野…泥炭地(でいたんち)の改良と稲の品種改良によって、全国有数の米の生産地となりました。
  • 十勝平野…原野を切り開いた畑とします。大型の農業機械を使い、大規模な畑作が行われ、じゃがいも・玉ねぎ・てんさいなどの有数の産地となります。保冷輸送技術の発達で野菜の生産・出荷もさかんになりました。

あわせて確認

以上が、中学地理「日本の平野の特徴」覚えておくべき平野まとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク