中1数学 減法(引き算)のポイント

シェアする

スポンサーリンク

減法

ひき算のことを「減法(げんぽう)」という。
加法に直して計算するといい。ー(  )は、+にすると(  )の中の符号が変わる。

➊(+5)-(-3)
=(+5)+(+3)
=+8

➋(-3)-(+7)
=(-3)+(-7)
=-1 0

<加減の混じった計算>
(  )を外して計算する。+は、そのまな、ーは減法なので、(  )の中の符号を変えて外す。

➊(-3)-(-5)+(-7) +6
=-3+5-7+6
=5+6-3-7
=11-10
=1

➋(-2)-(+5)-(-12) -7
=-2-5+12-7
=12-2-5-7
=12-14
=-2
2

(  )の外し方ポイント
+(+〇)→+〇
+(-〇)→-〇
-(+〇)→-〇
-(-〇)→+〇
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る