中学理科「放電と電子の移動」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「放電と電子の移動」についてまとめています。

放電

放電

放電

蛍光灯やネオン管の一端を手でもち、ティッシュペーパーで摩擦したストローや毛皮で摩擦した塩化ビニルパイプにもう一端を近づけると、蛍光灯やネオン管が一瞬光るのがわかる。これは、ストローや塩化ビニルパイプにたまっている-の電気(電子)が蛍光灯やネオン管を移動したためである。雷は,雲にたまった静電気が、ふつうは電気が流れない空気中を一気に流れる現象である。

このように、電気が空間を移動したり、たまっている電気が流れ出す現象を放電という。このとき、-の電気をもった粒子(電子)が移動している。このような電子の流れを電流という。放電では電流は、一瞬しか流れないが、乾電池などの電池を用いると、連続的に電流をとり出すことができる。

スポンサーリンク

日常の中での放電

  • 落雷…激しい上昇気流による摩擦で静電気が発生し、雲と大地の間に起こる放電が落雷である。大きな電流が瞬間的に流れてまわりの空気の 温度を急激に上昇させるため、光が発生し、空気を急激に膨張させ、音が発生する。
  • ドアのぶ…車のドアにふれようとしたときに手が一瞬ビリッとするのは、車と手のあいだで放電が起こっているからである。

放電のまとめ

放電は、たまっていた電気が流れだしたり、空気の中に電流が流れる現象です。

  • 火花放電…雷のように空気の中を電流が流れる現象。
  • 真空放電…圧力が小さな空気中に電流が流れる現象。

先ほどの図であれば、ストローに電子がたまっている状態です。このストローを指でそっと触れてみると、たまっていた電子が一気に指に向かって流れ込んできます。この現象を「放電」といいます。

中学理科の物理

以上が、中学理科「放電と電子の移動」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク