中3理科「星の日周運動のポイント」

シェアする

スポンサーリンク

星の動き

  • 南の空の星の動き…太陽の動きと似ています。
  • 北の空の星の動き…北極星をほぼ中心として反時計周りに回っています。
スポンサーリンク

星の日周運動

わたしたちのいる地点と北極星近くを結ぶ線を軸として、東から西へ約1日で1回転していまう。このような星の動きのことを星の日周運動といいます。

  • 星や太陽1時間で15°(360°÷24時間)で動きます。
  • 天頂…観察者の頭の真上。

天体の動き

地球と星の距離について、星座をつくる星と地球との距離(単位は光年、1光年は1年かかって進む距離で、約9兆5千億km)は、それぞれ異なるが、とても遠いので、天球にはりついて見えます。

地球の自転

地球が北極と南極を結ぶ線(地軸)を軸として、西から東へ約1日に1回転すること。太陽や星の日周運動は、地球の自転によって天球が1日に1回転して見える見かけの運動です。

<詳しく>

中3理科「地球の自転」
中3理科「地球の自転」についてまとめています。 地球の自転 自転は、天体が、自分のもつ軸を中心にして、一定の向きに回転しているこ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る