中学歴史「イギリスの革命」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「イギリスの革命」についてまとめています。イギリスでは、二度の市民革命が起こります。ピューリタン(清教徒)革命、名誉 革命です。革命は、立憲君主制と議会政治が確立されました。

ピューリタン革命

国王の専制に反対する革命が起こりました。

  • 王権神授説…国王の権限は神からあたえられた。 絶対のものという考え方で、国王の専制政治のよりどころとなる考え方です。
  • 革命…1640年、議会が国王の専制政治に反対し、内戦となりました。議会にピューリタンが多かったのでピューリタン革命といいます。
  • 共和制の成立…議会派が国王を処刑し、共和制(君主を持たない政治)となりましたが、政治が独裁的になり、王政が復活しました。

名誉革命

専制政治復活をねらった国王と議会が対立しました。

  • 革命…議会が新しい国王をむかえ、前の王は亡命しました。
  • 「権利章典」(1689年)…国王は議会の承認なしに権力を行使できないとされました。立憲君主制が成立し、議会政治の基礎となりました。
  • 海外進出…イギリスは海外の植民地を拡大しました。

まとめ

国王の王権神授説(国王の権限は神から与えられたもので国民は従わない)よる王政。これには、議会が反対し内戦へ。クロムウェルの指導により共和制の革命が実現しました。これをピューリタン革命といいます。しかし、共和制は、長くは続かず、1688年無血の名誉革命が起こりました。

  • 立憲君主制…議会を尊重するを王を立てて、権利章典を制定。立憲君主制と議会政治の確立。18世紀後半に経済力に支えられた強力な海軍を持ち、植民地を拡大し、ヨーロッパの最強国となりました。
    確認中学歴史「近代市民革命と産業革命」
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る