中学歴史「イギリスのインド支配とインドの大反乱」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「イギリスのインド支配とインドの大反乱」についてまとめています。イギリスは東インド会社を立してィンドの支配を進めます。その後、インドの大反乱が起きますが、鎮圧後、イギリスはインド全土を直接支配します。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史「イギリスのインド支配とインドの大反乱」となります。

イギリスのインド支配

アジアへの侵略を進めるイギリスは、1600年に、アジアとヨーロッパの貿易や、アジアでの植民地経営を進めるために東インド会社を設立し、マドラス・ボンベイ(現在名はムンバイ)・カルカッタを拠点にムガル帝国に進出した。

スポンサーリンク

18世紀

1757年にイギリスは、フランスとベンガルの地方政権の連合軍をブラッシーの戦いで破り、フランスをインドから退け、ベンガル地方の支配権を確立した。さらに、内乱によるムガル帝国のおとろえに乗じて、インドの支配を進めていった。イギリスはこれまで、インドから大量の総右を輸入していたが、19世紀になって産業革命を達成してからは、インド産の綿花を原料として機械生産した綿製品を大量にインドに輸出したため、インドの手工業による綿工業はおとろえ、大打撃を受けた。その結果インド人の生活は非常に苦しくなり、イギリスの植民地 支配に対して、ますます反感が高まっていった。

インドの大反乱

1857年、東インド会社にやとわれていたインド人兵士 のシパーヒー(セポイ)が、ムガル皇帝をおし立ててイギリスに対して反乱をおこした。これに農民や手工業者らも加わって、南インドをのぞくインド全域に拡大した。イギリスはこの大反乱を2年がかりで鎮圧すると、1858年にムガル帝国を滅ぼし、同時に東インド会社を解散してインド全土を直接支配した。

インド帝国

1877年に、イギリスのヴィクトリア女王が皇帝を兼ねるインド帝国を成立させ、これによってインドは、イギリスの原料供給地と工業製品の市場としての完全な植民地に変えられてしまった。

まとめ

産業革命の進行は、インドの農民にも零落をもたらし、インド最初の民族運動である シパーヒーの反乱(インド大反乱)が起こった。イギリスはこれを機に、インドをイギリス政府の直接支配下におき、インド帝国国を成 立させた。帝国主義の下における現地の開発と収奪に対しし、国民会議派の運動が始まり、第一次世界大戦後はガンディー・ネルーを中心に完全独立をめざす民族運動となっていった。

  • ガンディー…イギリスに対する非暴力・不服従の運動をすすめたインド独立運動の指導者
  • インドの大反乱…1857年におこた、イギリスの支配に対する反乱。インド兵の反乱をきっかけに全国に広がる。イギリスが鎮圧し、インドを植民地とする。イギリスを先頭に欧米列強がアジアに進出した

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク