中学地理「日本の少子高齢・過密過疎問題と人口変化」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「日本の少子高齢・過密過疎問題と人口変化」についてまとめています。富士山型からつぼ型へ変化し、今後、日本の人口は減り続けていきます。そのことについての問題点や変化などをまとめています。それでは、中学地理「日本の少子高齢・過密過疎問題と人口変化」です。

日本の人口の変化

日本の人口は、約1億2700万人(2015年)である。 第二次世界大戦後に増加を続け、1960年代後半に1億人を突破した。しかし、出生率は年々低下しており、2005年には、初めて前年に比べて人口が減少した。今後も人口の減少傾向が続くと予測されている。

年齢別の人口構成をみると 戦後 多産多死型から多産少死型、さらに少産少死型に移行するにつれて人口ピラミッドは富士山型→つりがね型→つぼ型へと変化してきた。

スポンサーリンク

少子高齢社会

出生率の低下と平均寿命ののびによる高齢化が著しい。日本は、第二次世界大戦後、保健・医療の発達、栄養状 態の改善とともに平均寿命がのび続け、現在は、女性は 86.61歳。男性は80.21歳(2013年)と、世界で最も高い水準にある。それとともに、人口の高齢化が進み、65歳以上の高齢者の割合は、1994年には高齢社会の基準となる14%をこえ、2014年には26%に達した。

この高齢化率は世界の中で最も高い水準であり、日本は世界に例をみないスピード で高齢社会に突入した。今後も、高齢化はますます進行していくと予測されている。

高齢化の原因

高齢化の原因の1つとして、出生率の低下があげられる。1人の女性が一生の間に産む子どもの平均数(合計特殊出生率)は、1970年には2.13人だったが、2013年には1.43人になった。その背景としては、晩婚化・未婚化のほかに、育児と仕事の両立の難しさや教育に多額の費用がかかることなどがあげられる。このような少子高齢化にともない、高齢者の年金や医療などの社会保障費の増大が大きな問題になっている。また、少子化対策として、地域や職場での子育て環境の充実なども求められている。

過密と過疎の問題

東京や大阪など大都市での過密と農山村での過疎が問題。日本は平野が少な、人口分布のかたよりが大きい。人口が集中している地域は、南関東から北九州にかけての大平洋ベルトである。なかでも、東京大都市圏・大阪大都市圏・名古屋大都市圏の三大都市圏(都心から50kmの範囲)には、全人口の46%以上が集中している(2014年)。

大都市問題

このような過密により大都市では、大気汚染などの公害、ごみ処理の間題など、生活環境が悪化する都市問題が深刻である。

過疎問題

農山村では、人口の急激な減少により、地域社会の基盤がくずれ、生活や生産機能の維持が困難になっている地域がみられる。このような地域を過疎地域という。 なかには、65歳以上の人口が半数以上をしめる限界集落とよばれる地域もあり、高齢化が進行している。過疎地域で は、1999年からの「平成の大合併」により、財政の負担を減らすため、多くの市町村が合併したが、課題は多い。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする