【2019年版】中学生のための時事問題ニュース予想テスト

シェアする

スポンサーリンク

【2019年版】高校入試・定期テスト用「時事用語・時事問題対策」まとめです。昨今の入試や定期テストでは、時事に関する問題は、必須といっていいでしょう。その事件・出来事の背景、対策、その後など網羅的に把握しておく必要があります。歴史的な流れ、その出来事が起こった場所や国ついても知っておくといいでしょう。

中学生のための時事問題予想テスト2019

次の問いに答えなさい。

(1)現在の日本の総理大臣はだれか、漢字で答えよ。
(2)現在の中華人民共和国の国家主席はだれか、漢字で答えよ。
(3)現在の大韓民国の大統領の名前を答えよ。
(4)2019年10月、「リチウムイオン電池」の開発に大きく貢献したとして、ノーベル化学賞を受賞したの日本人は誰か?
(5)2019年10月より、消費税が8%から10%になりました。政府はこれに合わせて、軽減税率の導入や電子決済を浸透させるべく市場の(    )化を推進するために、スマホなどによる決済でのポイント還元などの政策をすすめています。(    )にあてはまる適語を答えよ。
(6)国際連合の「気候行動サミット」での演説で話題になった16歳のスウェーデン人の少女の名前を答えよ。
(7)「逃亡犯条例」改正案をきっかけとした抗議活動が激化している中国南東部にある特別行政区の都市はどこか。
(8)韓国政府が破棄するとした日本と韓国との軍事情報包括保護協定の略称をアルファベットで答えよ。
(9)2019年6月28日・29日に日本の(   )でG20が行われました。(   )に適切な都市名を入れよ。
(10)2019年5月新たに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、世界文化遺産に大阪府にある(   )を登録するよう勧告しました。(   )に適語を入れよ。

スポンサーリンク

解答

(1)安倍晋三(あべしんぞう)首相
(2)習近平(しゅうきんぺい)国家主席
(3)文在寅(ムン・ジェイン)大統領
(4)吉野彰
(5)キャッシュレス
(6)グレタ・トゥンベリ
(7)香港
(8)GSOMIA
(9)大阪
(10)百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る