高校受験対策・公民「人権のまとめ」

シェアする

スポンサーリンク

高校受験対策・公民「人権のまとめ」についてポイントを一覧にしています。

人権のまとめ

基本的人権は、平等権(等しく生きるための権利)、自由権(自由に生きるための権利)、社会権(人間らしく生きるための権利)、人権を確保するための権利(参政権など)をいいます。

  • 人権の尊重…「個人の尊重」の原理(憲法第13条)と法の下の平等(憲法第14条)が基礎。
  • だれもが持っている人権…人権は、すべての人々に保障され、差別されている人々や弱い立場にある人々の主張を支える。
  • 子どもの人権…子ども(児童)の権利条件(1989年、国際連合で採択され、日本は1990年に加入)で確認。
  • 平等権…平等に生きるとは、全ての人は平等権を持つものの歴史的に偏見に基づく差別があり、現在も残る。
  • 自由権…精神の自由、身体の自由、経済活動の自由
  • 社会権…人間らしく生きるために必要な生活の保障を国に求める権利。日本国憲法は、生存権、教育を受ける権利、勤労の権利、労働基本権を保障しています。
  • 生存権…憲法第25条が保障しています。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利。保障のため、生活保障制度を整備。
  • 教育を受ける権利…能力に応じて、等しく教育を受ける権利。
  • 勤労の権利…働く機会を国に求める権利。
  • 参政権…国民が政治に参加する権利。
  • 請求権…裁判を受ける権利、国家賠償請求権、刑事補償請求権。

確認中学公民「基本的人権」

スポンサーリンク

新しい人権

  • 新しい人権…日本国憲法の直接の規定はないですが、産業の高度化や科学技術の進歩など、社会の変化に伴い主張され、認められるようになった人権。
  • 環境権…良好な環境を求める権利。
  • 知る権利…情報を受け取る権利。
  • プライバシーの権利…個人の私生活に関することが公開されない権利。
  • 自己決定権…個人が自分の生き方や生活の仕方について自由に決定する権利。

確認中学公民「新しい人権」

人権思想の成立

ロック、モンテスキュー(法の精神で三権分立を主張)、ルソーらが提唱。その後、18世紀の近代革命(アメリカ独立戦争・フランス革命)

  • 19世紀…財産権の保障から、資本主義経済が発展。貧富の差、劣悪な労働条件などが問題化により、普通選挙運動、労働運動が高まりました。
  • 20世紀…各国で普通選挙権を認める動きがおこり、ドイツのワイマール憲法で「人間に値する生存(生存権)」など社会権が初めて保障されました。

日本国憲法と平和主義

  • 国民主権…国の政治の決定権は国民が持ち、政治は国民の意思に基づいて行われるという権利。国民によって選ばれた代表が議会で決定する議会制を採用。
  • 象徴としての天皇制…戦前の天皇主権を否定して、天皇は日本国と日本国民統合の象徴(憲法第1条)とされました。政治についての決定権を持たず、内閣の助言と承認のもと、憲法の定める国事行為のみを行う。
  • 平和主義…第二次世界大戦の反省から戦争放棄し、世界の恒久平和のために努力。日本国憲法第9条では、「戦争を放棄し、戦力を持たず、交戦権を認めないこと」を明記しています。

確認中学公民「日本国憲法と人権の歴史」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク