中学公民「衆議院の解散」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「衆議院の解散」についてまとめています。衆議院を解散する実質的な決定権は内間にあります。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民「衆議院の解散」です。

衆議院の解散

解散とは、国民の代表である葉議院議員の資格を任期満了前に失わせること、議院内閣制の下で、国会と内閣が対立した場合、解散を行って国民の意思を問うためにとられている制度である。

スポンサーリンク

総選挙

解散後に実施される総選挙で、国会に世論をより的確に反映させることを目的としている。内閣は国会の信任の上に成立しているため、衆議院が内閣信任案を否決するか、内閣不信任案を可決したときは、10日以内に内閣は総辞職するか、衆議院を解散しなければならないと憲法第69条に定められている。解散は、内閣が総辞職ではなく、衆議院の解散を決定した場合に行われる。

ほかに重要問題で民意を問う場合などには、憲法第7条の定めにより、内閣の助言と承認によって、天皇が衆議院を解散が行われる

衆議院の解散後

衆議院の解散後は、40日以内に衆議院議員総選挙が行われ、総選挙の日から30日以内に特別会が召集される。その際、内閣は総辞職し、新たな内閣総理大臣の指名が行われることになる。国会の指名を受けて、天皇は新たな内閣 総理大臣を任命する。なお、総辞職後の内閣は、新たな内閣総理大臣が任命されるまでは、引き続きその職務を行う。

参議院の緊急集会

緊急集会は、衆議院の解散中、議会が空白にならないための制度。衆議院の解散中、国会の議決を必要とする緊急事態が生じた場合、内閣総理大臣から、議案と日時を定めて参議院議長に通知される。緊急集会での議決は、次の国会開会後、10日以内に衆議院の同意が得られなければ、その後の効力を失う。

あわせて確認

以上が、中学公民「衆議院の解散」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク