中学国語「漢字の画数と筆順」

シェアする

スポンサーリンク

中学国語「漢字の画数と筆順」についてまとめています。

画数

画数は、ひと続きに書く部分を一画とします。

<例>

  • 一画…乙
  • 二画…九、乃
  • 三画…弓、及、
  • 四画…比、父、片
  • 五画…世、包、以
  • 六画…糸、団
  • 七画…弟、迎
  • 八画…佳、油

筆順

漢字の筆順は、次の原則にしたがって書きます。ただし、例外もあるので注意が必要です。

  1. 上から下へ(ニ、言、喜)
  2. 左から右へ(校、術、起)
  3. 横画と縦画の交差は横が先(十、木)
  4. 外側の囲みが先(国、問)
  5. 中央が先(小、水、楽)
  6. 左右が交わる払いは左払いが先(父、文)
  7. 字全体を貫く画が最後(女、母、中、車)
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク