【中学公民】環境権

シェアする

スポンサーリンク

【中学公民】環境権についてまとめています。高度経済成長期から公害の深刻化していきます。それをきっかけに環境権の提唱がされ、環境基本法、環境アセスメント法が成立。その経験などから地球環境問題の国際協力にも参加しています。

環境権

環境権は、良好な環境を求める権利です。憲法の幸福追求権(第13条)と生存権(第25条の)を根拠に提唱されました。

  • 幸福追求権(憲法第13条) …「個人に対して個別に認められている人権だけでは人間らしい生活が保障できない場合、それを補充していく機能を果たす」と考えられています。
スポンサーリンク

環境権登場の背景

高度経済成長時代に水俣病などの公害が深刻化しました。その中で公害の被害に対する救済がふじゅうぶんなことが認識され、新たに環境権が主張されるようになりました。

環境基本法(1993)

日本の環境政策の基盤となる法律で、国や地方などの環境保全の責務を定めています。地球環境問題への対応が不十分となったそれまでの法律を全面的に改めたものです。

環境アセスメント(環境影響評価)

環境に影響をあたえる開発に対して、その影響を事前に調査・予測・評価することをいいます。環境アセスメント法で義務づけられています。

環境権の具体例

環境権の内容の空港による 騒音公害や大気汚染などの 公害に対してたびたび訴訟 が起こされています。しか し,損害賠償は認められて も,個人の環境権は,まだ 裁判で認められてはいませ ん。身近な日照権や嫌煙権。 景観権(よい景観のもとで くらす権利)などは法律で 守られるようになりました。

まとめ

環境権は、良好な環境を求める権利。

  • 提唱の背景…高度経済成長が進む一方で、水俣病などの公害が深刻化したため。
  • 環境基本法…1993年に制定された日本の環境政策の基盤となる法律。環境保全のため、国や地方公共団体の責務を定めています。
  • 環境アセスメント(環境影響評価)…開発にあたって事情に、環境への影響に関して調査など行うこと。法律により義務付けられている。

確認中学公民「新しい人権」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク