【中学理科】乾湿計の読み取り方

【中学理科】乾湿計の読み取り方です。

スポンサーリンク

乾湿計の読み取り方

乾湿計は、温度計が2本1組になっている湿度

  • 乾球…そのままの温度計
  • 湿球…もう1本は球部が水にぬれ たガーゼなどの布に包まれている

湿球を包む布は、いつも水を含んでいるように、水の入った容器にひたされている。

乾球のほうは、ふつうの温度計と同じでそのときの気温が測定できる。これに対して湿球のほうは、ぬれた布から水分が蒸発し、そのとき球部のまわりから熱(蒸発熱)が奪われるので、湿球の示度はつねに乾球より低いか等しい。

湿度100%のときは、乾球と湿球の示度が等しくなる。湿球と乾球の示度の差は、空気が乾燥しているときほど水の蒸発が盛んで、蒸発熱がよく奪われるので、大きくなる。このような原理を利用して、乾球温度計と湿球温度計の示度の差と湿度表から湿度を求める。

乾球の示度(℃)乾球と湿球の示度の差(℃)
01234
1910090817263
1810090807162
1710090807061
1610089796959

上の乾湿計を見ながら、乾球の示度18℃、湿球の示度16℃のときの気温と湿度を求めなさい。

  • 気温…乾球湿度計の示度で表されるので、18℃が答えです。
  • 湿度…乾球と湿球の示度の差は、18-16=2 湿度表から湿度は、80%が答えとなります。

乾湿計の練習問題

下の乾湿計を見ると、乾球が14℃、湿球が11℃を示していました。このときのときの気温は何℃か。また湿度は何%か。乾湿計を利用し求め
なさい。
乾湿計

解答
気温14℃ 湿度67%解説
乾湿計では、乾球の示度が気温を表します。よって、気温は14℃です。また、乾球の示度が14℃、湿球の示度が11℃で、乾球と湿度の示度の差が14-11=3だから、湿度は67%です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました