中学理科「火山の分布」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「火山の分布」についてまとめています。

火山の分布

火山は環太平洋地域などに帯状に集中して存在してい る。下の図には,海嶺と海溝もかきこまれているが、活火山の分布と密接なかかわりをもっている。

活火山…約1万年前に噴火したことのある火山

スポンサーリンク

海溝

海底が書状に深くなっているところで、プレートがしずみこんでいるところである。海溝の陸側には海溝と平行に火山が分布している。日本列島をはじめとする環太平洋地域の火山は、海溝からのプレートのしずみこみにともなってできたものである。

海嶺

大西洋の中央などに見られる海底の大規模な山脈で、中軸部で新しいプレートが生産され拡大しているところである。海嶺上の火山はアイスランドなどに限られているように見えるが、海中では海績に沿って玄武岩質マグマが噴出し、新しい海底が生産されている。

ホットスポット

ハワイのキラウエア火山は海溝からも海嶺からも遠くはなれたところにある。このように、プレート境界と関係のないところで火山活動が起こっているところをホットスポットという。

日本列島の火山分布

  • 島弧-海溝系…海溝からの海のプレートのしずみこみにともない、日本列島のような島弧とよばれる陸地ができる。このようなところを島弧-海溝系という。島弧では海溝からの海のプレートのしずみこみにともない火山活動が起こり火山帯ができる。
  • 火山前線…島弧-海溝系では、海溝から大陸側の100kmから300km程度の範囲には火山がない。もっとも海溝に近い火山を結んだ線を、火山前線 という。

まとめ

火山の分布は、世界でも、日本でも特定の地域に限られています。これは 一般に細長い帯状の地域に集まっているので火山帯といいます。火山帯は、マグマのできやすい場所と考えられ、地球内部ではげしい活動が行われているところで、地震帯とほぼ一致しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る