中学理科「火山の形」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「火山の形」についてまとめています。

火山の形

火山の形には急傾斜のものから非常に なだらかなものまである。このような火山の形のちがいは、マグマのねばりけのちがいを反映している。ねばりけの大きい火山のほうが急傾斜な山となる。

火山の形

火山の形

スポンサーリンク

溶岩ドーム

ねばりけの非常に高い流紋岩質マグマの活動でできる。非常に激しい爆発をしたり、火砕流を発生させたりする。昭和新山や雲仙普賢岳などがある。

成層火山

ねばりけが中程度の安山岩質マグマの活動でできる。溶岩の流出と火山灰の噴出を交互にくり返してで きる。富士山や浅間山などがある。

盾状火山

ねばりけの小さい玄武岩質マグマの活動ででき る。非常になだらかな盾をふせたような形の火山ができる。ハワイのマウナロア火山、キラウエア火山などがある。

カルデラ

火山の山頂のくぼんだ地形で、直径2km以上のもの。噴火でマグマが出てしまい、陥没してできるものが多い。阿蘇山や箱根などがある。

まとめ

  • マグマのねばりけが弱い火山…穏やかに溶岩を流し出」す噴火が起こり、傾斜のゆるやかな形になる。火山灰や岩石の色は黒っぽい。たとえば、アウナロア、キラウエアなど。
  • マグマのねばりけが中間の火山…傾斜のきつい形。たとえば、浅間山、桜島など。
  • マグマのねばりけが強い火山…激しい爆発をともなう噴火が起こり、溶岩がもり上がって、おわんをふせたような形になる。火山灰や岩石の色は白っぽい。

確認中1理科「火山活動」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る