中学国文法「形容詞と形容動詞」ポイント・見分け方

シェアする

スポンサーリンク

中学国文法「形容詞と形容動詞」ポイント・見分け方についてまとめています。

形容詞

形容詞のポイントは、形容詞=自立語で活用し、終止形が「い」で終わる。形容詞は、物の状態や性質などを表し、自立語で活用する。終止形は「い」で終わり、単独で述語になる。識別には、単語に分けて用言を探し、終止形にする。

スポンサーリンク

形容詞の見分け方

  • 「ふくらむ」「なる」「いる」…終止形は「ふくらむ」「なる」「いる」で、ウ段の音で終わる。→動詞
  • 「大きい」…修士形は「大きい」で、「い」で終わる→形容詞

形容詞 練習問題

「後悔ばかりいくらんで大きくなっていた。」の中から、形容詞をそのまま抜き出しなさい。

形容詞 解答

大きく

形容動詞

形容動詞のポイントは、形容動詞=自立語で活用し、終止形が「だ・です」で終わる。形容動詞は、物の状態や性質などを表し、自立語で活用する。終止形は「だ・ てり」で終わり、単独で述語になる。

形容動詞の見分け方

  • 「静かに」…終止形は「静かだ」→形容動詞
  • 「どこに」…どこ(名詞)+に(助詞)
  • 「特に」…自立語で活用せず。用言を修飾。→副詞
  • 「気軽に」…「気軽で(ない)」などと活用し、終止形は、「だ」→形容動詞
  • 「それぞれに」…それぞれ(名詞)+に(助詞)

動詞が「ない」助動詞に続く場合は未然形、形容詞・形容動詞が「ない」(補助形容詞)に続く場合は連用形。また、形容詞・形容動詞には命令形がない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク