中学歴史「太閤検地と刀狩」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「太閤検地と刀狩」についてまとめています。

太閤検地と刀狩

豊臣秀吉は、検地・刀狩を行い、兵農分離(武士と農民の身分の区別を明確化し近世社会の基礎を作りました。

スポンサーリンク

検地

田の広さや土地のよしあし、予想される生産量を調べることを検地といいます。豊臣秀吉は全国で検地を実施し、検地帳に記録させました。秀吉が行った検地を特に太閤検地といいます。

  • ものさしやますの統一…土地の面積、生産量をはかる統一的な基準を定めました。全国で検地をするためには欠かせませんでした。
  • 検地帳…検地帳には①田畑の面積②土地のよしあし(予想される生産量石高であらわす) ③耕作し、所有する農民の名前(年貢を負担する者)が記入されています。

太閤検地の意義

太閤検地には次のような意義があります。

  • 統一的な基準…全国の土地が統一的な基準(石高)であらわされるようになりました。
  • 石高制…武士の知行(領地から年貢を取る権利)は石高で示されるようになりました。→大名や家臣の領地の規模が明らかとなり、石高に応じて軍役を負担する制度が整えられました。
  • 荘園制度の否定…荘園領主や有力農民が持っていた土地の権利が否定され、荘園制度は完全にくずれました。土地の所有権と年貢の義務:耕作する農民に土地の所有権を認める一方、年貢をおさめる義務を負わせました。

刀狩

1588年、秀吉は刀狩令を出し、農民や寺社から刀、弓、鉄砲などの武器を取り上げました。

  • 農民の武力による一揆を防ぐ。
  • 農民をもっぱら耕作に従事させる。

兵農分離

検地と刀狩によって、武士と農民の身分の区別を明確にする兵農分離が進められました。兵農分離は江戸幕府に引きつがれ、近世の日本社会の基本を形づくりました。

  • 武士…領地をはなれ、城下町に集められました。
  • 農民…農村に住むこととされて、土地を捨てて武家に奉公したり、町人になったりすることを禁じられました。
  • 商人・職人…城下町や港町に集められました。

まとめ

  • 太閤検地…ものさしやますを統一し、田畑の面積や土地のよしあしを調べ、予想される収穫量を石高であらわしました。収穫高などは検地帳に記録しました。これにより、全国の土地が統一的な基準であらわされるようになりました。検地帳に登録された農民だけに、土地の所有権を認めます。
  • 刀狩…農民や寺社から弓や刀、やり、鉄砲などの武器を取り上げれます。武力による農民の一揆を防ぎ、耕作に専念させました。自分の領地にいた武士は、大名の城下町に集められました。
  • 兵農分離…武士と農民の身分をはっきりと区別しました。

確認中学歴史「天下統一(織田信長・豊臣秀吉の事業)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク