【中学地理】近畿地方に関する白地図問題

スポンサーリンク

近畿地方に関する白地図問題

次の地図を参考に、次の問いに答えなさい。
近畿地方白地図問題
(1) 地図中の赤い斜線で示した工業地帯を何といいますか答えなさい。

(2) (1)の工業地帯について述べた次の文中の1~4にあてはまる語句を書きなさい。

1970年代から工場が集まる大阪では、排煙による( 1 )や地下水のくみ上げすぎによる( 2 )などの公害が発生したため、大阪湾で( 3 )が行われ、港湾の整備や工場の移転が進められた。2000年以降、臨海部や内陸部で太陽光パネルや需要が高まっている( 4 )の工場がつくられている。

(3) 地図中のA・Bの都市にかつておかれた都を何といいますか答えなさい。

(4) 次の文中の1・2にあてはまる語句を書きなさい。

Aの都市では、景観を守る取り組みが行われ、建物の改修や( 1 )の地中化などが進められている。Bの都市では、伝統的な住居である( 2 )を生かした旅館が、外国人観光客に人気である。

(5) 地図中の英虞湾で養殖がさかんなものを、次から選びなさい。
【 真珠 / タイ / マグロ / ホタテ ]

近畿地方に関する白地図問題解答

(1) 阪神

阪神工業地帯は、内陸部を中心に中小工場が多いとが特色の一つで、中には高度な技術をもった工場もあり、人工衛星をつくった中小工場もある。

(2) 1大気汚染 2地盤沈下 3埋め立て 4蓄電池

蓄電池は、くり返し使用することができる電池で、電気自動車などに使用され、需要が高まっている。

(3) A平安京 B平城京

(4) 1電線 2町家

(5) 真珠

確認中学地理「近畿地方の要点まとめノート」

コメント

タイトルとURLをコピーしました