中2理科「骨格と筋肉」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「骨格と筋肉」についてまとめています。

骨格

からだを支えたり、筋肉と連動して運動をしたりするほかに、内臓などを保護している。セキツイ動物のように内骨格のあるものと、節足動物のように外骨格に おおわれているものがある。

スポンサーリンク

内骨格

セキツイ動物のように、体内に骨があり、その骨の外側に筋肉 がついているからだのつくり。
確認中2理科「セキツイ動物の特徴まとめ」

外骨格

昆虫やカニのように、皮膚 の付属物としてからだの外側をかたい殻がおおい、内側に筋肉がついているからだのつくり。
確認中2理科の「無セキツイ(節足・軟体)動物」

筋肉

筋繊維という細長い繊維状の細胞からできている。筋繊維はさらに、タンパク質を主な成分とする筋原繊維という細い繊維の束があり、これが筋肉の収縮を起こすもとになる。筋肉は、骨格筋、内臓筋、心筋に分類される。
確認中1理科「三大栄養素」

骨格筋(横紋筋)

骨格についている筋肉で、筋原繊維にタンパク質の横しまがある。自分の意志の力で動かせる随意筋である。収縮ははやいが疲労しやすい。

内臓防(平滑筋)

内臓や血管を運動させる筋肉で、筋原繊維に横しまがない。自分の意志では動かせない不随意筋である。収縮はゆっくりであるが持続性がある。

心筋

心臓を動かす筋肉で、筋原繊維に横しまがあるが、自分の意志では動かせない不随意筋である。収縮ははやくて、しかも持続性がある。

関節

骨と骨とが一方はくぼみ、他方はふくらんで動けるように結合している部分。すり合わせの部分には軟骨があって、骨どうしが直接ぶからないよう、クッションの役割している。関節全体は靭帯というじょうぶな膜で包まれ、内部に滑液を満たして軟骨の摩擦を防いでいる。関節には、回転できる球状関節、一方にしか曲がらないちょうつがい関節、ある程度回転できる車軸関節などがある。

けん

骨格筋の両端にあり、白色を帯びたじょうぶな繊維の束でできていて、関節をはさんで2つの骨についている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク