中2数学「コイン・硬貨の確率」練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中2数学「コイン・硬貨の確率」練習問題です。コイン・硬貨の確率は、確率の問題の代表的なパターンの1つです。コイン・硬貨の確率は、普通「樹形図」を書いて、数え上げて解答していきます。ポイントは、題意に沿って、その条件に合うものをチェックしていくことです。それでは、中2数学「コイン・硬貨の確率」練習問題です。

コイン・硬貨の確率のポイント

コイン・硬貨の樹形図

コイン・硬貨の樹形図

つまり、コインを3枚投げたときのパターンは、(表表表)、(表表裏)、(表裏表)、(表裏裏)、(裏表表)、(裏表裏)、(裏裏表)、(裏裏裏)の8通りとなります。

コイン・硬貨の確率の練習問題

次の問いに答えなさい

  1. 3枚のコインがすべて表になる確率を求めなさい。
  2. 2枚のコインがあります。これらのコインを同時に投げたとき、2枚とも表が出る確率を求めなさい。
  3. 3枚のコインを同時に投げたとき、表が2枚と裏が1枚のパターンが出る確率を求めなさい。
  4. 2枚の硬貨を同時に投げるとき、1枚が表で1枚が裏になる確率を求めなさい。
  5. 3枚の硬貨を同時に投げるとき、1枚が表で2枚が裏になる確率を求めなさい。
  6. 10円硬貨、50円硬貨、100円硬貨を同時に3枚投げるとき、表が出た硬貨の合計が100円以上となる確率を求めなさい。
  7. 3枚の硬貨を同時に投げるとき、少なくとも1枚が表になる確率を求めなさい。
  8. 4枚の硬貨を同時に投げるとき、4枚とも表になる確率を求めよ。
  9. 4枚の硬貨を同時に投げるとき、少なくとも1枚が表になる確率を求めなさい。
  10. 1つのサイコロと1枚の硬貨を同時に投げるとき,硬貨が表の場合はサイコロの出た目の数を2倍し,裏の場合はサイコロの出た目の数を2乗した。このとき計算した値が9以下となる確率を求めなさい。
スポンサーリンク

解答

  1. 1/8
  2. 1/4
  3. 3/8
  4. 1/2
  5. 3/8
  6. 3/8
  7. 7/8
  8. 1/16
  9. 15/16
  10. 7/12

その他確率の練習問題

以上が、中2数学「コイン・硬貨の確率」練習問題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク