高校入試対策・国語「歴史的かなづかいの読み方のポイント・解き方」

シェアする

スポンサーリンク

中学国語(古典)の「歴史的かなづかいの読み方のポイント・解き方」についてまとめています。入試や実力テストでも、高い割合で出題されるのが、「歴史的かなづかいの読み方を、現代かなづかいに直す」問題です。歴史的かなづかいの読み方をしっかり理解していきましょう。それでは、高校入試対策・国語「歴史的かなづかいの読み方のポイント・解き方」です。

歴史的かなづかいの読み方の原則

スポンサーリンク

語尾以外の「は・ひ・ふ・へ・ほ」の文字は「わ・い・う・え・お」

<例>

  • 「いふ」→「いう」
  • 「ふるまふ」→「ふるまう」
  • 「あはれ」→「あわれ」
  • 「おもひ」→「おもい」

「ゐ」→「い」「ゑ」→「え」「を」→「お」

<例>

  • 「ゐど」→「いど(井戸)」
  • 「用ゐる」→「用いる」
  • 「こゑ」→「こえ(声)」
  • 「をとこ」→「おとこ」

「ぢ」→「じ」「づ」→「ず」

<例>

  • 「ぢしん」→「じしん(地震)」
  • 「はぢ」→「はじ(恥)」
  • 「みづ」→「みず(水)」
  • 「かはづ」→「かわず(蛙)」

「くわ」→「か」「ぐわ」→「が」

<例>

  • 「くわし」→「かし(菓子)」
  • 「ぐわまん」→「がまん(我慢)」

「au」→「o(おう)」「iu」→「yu(ゆう)」「eu」→「yo(よう)」

<例>

  • 「やうす」→「ようす(様子)」
  • 「かうやさん」→「こうやさん(高野山)」
  • 「じふにひとへ」→「じゅうにひとえ(十二単)」
  • 「けふ」→「きょう(今日)」
  • 「てふてふ」→「ちょうちょう(蝶々)」

「む」→「ん」

<例>

  • 「かむなづき」→「かんなづき(神無月)」
  • 「やむごとなし」→「やんごとなし」

練習問題

次の語を現代かなづかいに直し、ひらがなで書きなさい。

  1. いひがたき
  2. さぶらはざいける
  3. 帰りまゐりて
  4. めでたひ
  5. いはれた
  6. ゐなか
  7. うつろひ
  8. いひやるすぢ
  9. がくしやう

解答

  1. いいがたき
  2. さぶらわざりける
  3. かえりまいりて
  4. めでたい
  5. いわれた
  6. いなか
  7. うつろい
  8. いいやるすじ
  9. がくしょう
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク